コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヌ マヌ Manu

3件 の用語解説(マヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヌ
マヌ
Manu

インド神話における人類の始祖。『リグ・ベーダ』ではビバスバット vivasvat (光照者) の子とされ,人類の始祖として,祭祀の方面で特に称賛された。『シャタパタ・ブラーフマナ』のなかの「マヌと大洪水の物語」は特に有名で,人類の起源に触れている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マヌ

インド神話における人類の始祖。魚を助けたことにより大洪水の難をのがれ,神々への最初の供犠者となる。また最初の法典である《マヌ法典》の制定者とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マヌ
まぬ
Manu

古代インド神話における、人間の祖先。後期ベーダ文献である『ブラーフマナ』(祭儀書)に、人祖マヌと大洪水の伝説が存する。ある日、マヌが水を使っていると、1匹の魚が、洪水により生類が全滅すると予言する。マヌは魚を養ってやり、大魚となったときに海に放つ。やがて洪水が起こったとき、マヌは用意した舟に乗り、その魚に導かれて北方の山(ヒマラヤ)に行く。洪水はすべての生類を滅ぼし、地上にマヌだけが残る。マヌは子孫を欲して苦行し、祭祀(さいし)を行うと、1人の女が生まれる。マヌは彼女とともに人類を生み出す。なお、ヒンドゥー教のプラーナ聖典においては、現在の世界の祖であるマヌ(Vaivasvata Manu)を含む14人のマヌがいる、とされる。[上村勝彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マヌの関連キーワード阿修羅インド神話インドラサラスバティーヤマ羅刹ガルーダ《人類の発展における自然の歩みに関する私の探究》バスデーバ(インド神話)マヌ(インド神話)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マヌの関連情報