コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヌ マヌManu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヌ
Manu

インド神話における人類始祖。『リグ・ベーダ』ではビバスバット vivasvat (光照者) の子とされ,人類の始祖として,祭祀の方面で特に称賛された。『シャタパタ・ブラーフマナ』のなかの「マヌと大洪水の物語」は特に有名で,人類の起源に触れている。この神話は叙事詩やプラーナにも発展的に引継がれ,マヌを洪水から救ったマツヤ (魚) はビシュヌ神の化身とされるにいたった。旧約聖書ノアの洪水の物語との類似が注目されてきたが,セム族のこの伝説をインド人が移入したか否かは断定できない。またマヌは最初の法典制定者としても重要視されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マヌ

インド神話における人類の始祖。魚を助けたことにより大洪水の難をのがれ,神々への最初の供犠者となる。また最初の法典である《マヌ法典》の制定者とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マヌ
まぬ
Manu

古代インド神話における、人間の祖先。後期ベーダ文献である『ブラーフマナ』(祭儀書)に、人祖マヌと大洪水の伝説が存する。ある日、マヌが水を使っていると、1匹の魚が、洪水により生類が全滅すると予言する。マヌは魚を養ってやり、大魚となったときに海に放つ。やがて洪水が起こったとき、マヌは用意した舟に乗り、その魚に導かれて北方の山(ヒマラヤ)に行く。洪水はすべての生類を滅ぼし、地上にマヌだけが残る。マヌは子孫を欲して苦行し、祭祀(さいし)を行うと、1人の女が生まれる。マヌは彼女とともに人類を生み出す。なお、ヒンドゥー教のプラーナ聖典においては、現在の世界の祖であるマヌ(Vaivasvata Manu)を含む14人のマヌがいる、とされる。[上村勝彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マヌの関連キーワードバルナ(古代インドの四大階層)ジャエシャンカル・プラサードプラサード ジャエシャンカルヤージュニャバルキヤ法典パンチャ・ラクシャナダルマ・シャーストラダルマ・シャーストラビシュヌ・プラーナビシュヌ・プラーナワレル・ダンマタイクシュバーク朝マツヤ・プラーナカーマーヤニーカインサ・マヌマヌー国立公園クシャトリヤカラチュリ朝ナーラダ法典ソシエテ諸島鳥人カルト

マヌの関連情報