コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マブリー Mably, Gabriel Bonnet de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マブリー
Mably, Gabriel Bonnet de

[生]1709.3.14. グルノーブル
[没]1785.4.23. パリ
フランスの歴史家,哲学者。マブリとも表記される。弟は哲学者 É.コンディヤック。リヨンのイエズス会に,次いでパリのサンシュルピス神学校で神学を研究したのち,クサン枢機卿に認められ外交任務に従事。しかしやがて両者間に不和が生じて引退し,研究に没頭した。著作には,重農学派の専制主義と自由放任とを攻撃し,共同財産および平等こそ自然的秩序であると説く『経済学者への疑問』 Doutes proposés aux philosophes économistes (1768) と,この思想をさらに展開して共産主義理論を系統的に説いた『立法論-法の原理』 Traité de la législation ou principe des lois (76) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マブリー【Gabriel Bonnot de Mably】

1709‐85
フランスの歴史家,哲学者コンディヤックの兄。グルノーブルの法服貴族の出で,パリの神学校に学ぶ。のちに僧籍を離れてタンサン夫人のサロンに出入りし,外交職に就く。1750年代に入って共和主義思想を深め,ルソーと並び称される社会批判を展開して,バブーフら革命期の思想家たちに影響を与えた。理念的な平等社会を夢見るマブリーは,君主制の枠内にとどまる百科全書派(アンシクロペディスト)を嫌い,また私有と利潤を認める重農主義学派を批判して《経済哲学者に呈する疑念》(1768)を発表した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マブリーの関連キーワード3月14日