コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マブリー マブリー Mably, Gabriel Bonnet de

2件 の用語解説(マブリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マブリー
マブリー
Mably, Gabriel Bonnet de

[生]1709.3.14. グルノーブル
[没]1785.4.23. パリ
フランスの歴史家,哲学者。マブリとも表記される。弟は哲学者 É.コンディヤックリヨンイエズス会に,次いでパリのサンシュルピス神学校で神学を研究したのち,クサン枢機卿に認められ外交任務に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マブリー【Gabriel Bonnot de Mably】

1709‐85
フランスの歴史家,哲学者。コンディヤックの兄。グルノーブルの法服貴族の出で,パリの神学校に学ぶ。のちに僧籍を離れてタンサン夫人サロン出入りし,外交職に就く。1750年代に入って共和主義思想を深め,ルソーと並び称される社会批判を展開して,バブーフら革命期の思想家たちに影響を与えた。理念的な平等社会を夢見るマブリーは,君主制の枠内にとどまる百科全書派(アンシクロペディスト)を嫌い,また私有と利潤を認める重農主義学派を批判して《経済哲学者に呈する疑念》(1768)を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マブリーの関連キーワードグーチコンディヤックディドロブーランビリエノルマンディー公国フュステルドクーランジュモーリアック歴史家マンデスフランス谷岡武雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マブリーの関連情報