コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ママコノシリヌグイ

百科事典マイペディアの解説

ママコノシリヌグイ

トゲソバとも。タデ科一年草。日本全土,東アジア山野にはえる。はつる状で4稜があり,長さ2m内外。葉は三角形で,葉柄は長く,茎とともに下向きのとげがある。6〜9月,花は枝先にかたまってつき,淡紅色。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ママコノシリヌグイ
ままこのしりぬぐい / 継子尻拭
[学]Polygonum senticosum (Meisn.) Fr. et Sav.

タデ科の一年草。茎はつる状に伸びてよく分枝し、高さ1~2メートル。茎や葉柄には逆刺と細毛があり、他物に巻き付く。葉は互生し、三角形で長さ3~6センチメートル、先は鋭くとがり、薄質で紅緑色を帯び、裏面の脈上にも逆刺がある。柄の基部に葉状の小托葉(たくよう)があり、茎を抱く。7~8月、小枝の先に小さな花を頭状に密集し、花被片(かひへん)は5枚で淡紅色。雄しべは8本、雌しべは1本。痩果(そうか)は球形で黒色、宿存萼(がく)に包まれる。日本、および朝鮮半島、中国に広く分布する。名は、逆刺のある茎が鋭く物に絡まる姿を継子(ままこ)いじめに例え、継子の尻(しり)を拭(ぬぐ)うことに見立てたものである。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のママコノシリヌグイの言及

【ミゾソバ】より

…とくに利用されることはないが,秋の野草として親しまれている。 近縁種に,鋭い逆刺をもつ茎葉で継子のしりをぬぐう草を意味するママコノシリヌグイP.senticosum (Meisn.) Fr.et Sav.や,イシミカワP.perfoliatum L.がある。いずれも人里の周辺に生える。…

※「ママコノシリヌグイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ママコノシリヌグイの関連キーワードイシミカワトゲソバ黒穂病継子