コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリエット マリエット Mariette, Auguste Ferdinand François

2件 の用語解説(マリエットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリエット
マリエット
Mariette, Auguste Ferdinand François

[生]1821.2.11. ブルゴーニュ
[没]1881.1.19. カイロ
フランスエジプト学者。母校ブルゴーニュ大学で教鞭をとったのち,1849年からルーブル美術館のエジプト部に勤務。 50年碑文収集のためエジプトに派遣され,セラペウム,ティの墳墓などを発掘した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリエット
まりえっと
Franois Auguste Ferdinand Mariette
(1821―1881)

フランスのエジプト学者。1849年ルーブル博物館に就職。翌年コプト関係古文書の買い入れのためエジプトへ派遣された。古文書入手よりも発掘にひかれ、メンフィスでセラペオン(聖牛墳墓)を発見し、一躍、考古学者としての地位を確立した。発掘活動を進めるうち、乱掘、盗掘、出土品持ち出しを規制する必要を感じ、エジプト王室に進言した。58年エジプト政府考古局が創設され、その局長に任命された。同時に出土品を収めるブーラク博物館(今日のカイロ博物館の前身)も創設された。この両機関の創設は発掘活動に劣らぬマリエットの大きな貢献である。発掘はエジプト全土に及び、35の遺跡で顕著な成果をあげた。専門的著述のほかに啓蒙(けいもう)的著述も多く、69年のスエズ運河開通式の際は外国賓客のために『上(かみ)エジプトの記念物』を著した。また開通式記念のベルディ作曲のオペラ『アイーダ』の原作も彼である。[酒井傳六]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マリエットの関連キーワードブルゴーニュ戦争ブルゴーニュ大公宮殿ブルゴーニュ公国アンリ・ド・ブルゴーニュオテル・ド・ブルゴーニュ座ブルゴーニュ館劇場ブルゴーニュ公家ブルゴーニュ風エスカルゴブルゴーニュ館《マリー・ド・ブルゴーニュの時禱書》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マリエットの関連情報