マリンスキー劇場バレエ団(読み)まりんすきーげきじょうばれえだん(英語表記)Мариинский театр балетаMariinskiy teatr baleta

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリンスキー劇場バレエ団
まりんすきーげきじょうばれえだん
Мариинский театр балета Mariinskiy teatr baleta

ロシアのサンクト・ペテルブルグにあるバレエ団。旧名キーロフ・バレエ団Киров балета/Kirov baleta。正式名称は国立アカデミー・マリンスキー劇場バレエ団Государственный Академический Мариинский театр балета /Gosudarstvenny Akademicheskiy Mariinskiy teatr baleta。一般的には今でも劇場の旧名であるキーロフ・バレエ団とよばれている。1738年にペテルブルグの帝室舞踊学校として創設され、1783年開場のペテルブルグ・ボリショイ劇場、1860年開場のマリンスキー劇場、1935年からはキーロフ劇場、ソ連の崩壊に伴い、ふたたびマリンスキー劇場と所属劇場の名称が変わったが、ロシア帝室バレエの本拠地として最古の歴史をもつバレエ団で、現在もモスクワのボリショイ・バレエ団とともに世界的に著名である。
 バレエ後進国であったロシアでは、外国から教師、振付師、踊り手を招聘(しょうへい)して技術を習得したが、初期にはイタリア人のアンジニオリーニ、プーシキンの作品をバレエ化したフランスのC・ディドロ、バレリーナとしてはイストミーナらがいた。1847年にはフランスからプチパが招かれ、19世紀末までに『眠れる森の美女』『くるみ割り人形』『白鳥の湖』『ライモンダ』など数多くの古典バレエの傑作を振付け上演した。20世紀初めには、クシェシンスカヤ、ワガーノワ、A・パブロワ、カルサビナ、ニジンスキー、フォーキンらの優れたダンサーや振付師が輩出。革命(1917)後、ロボコフ、ゴレイゾフスキー、バランチンらを生み、ワイノーネンの『パリの炎』、ラブロフスキーの『ロメオとジュリエット』などの名作がある。ボリショイ・バレエ団と比較して、叙情性を特徴としている。ウラーノワ、ドジンスカヤ、マカロワ、コルパコワなど叙情的なダンサーが多い。ヌレーエフ、バリシニコフもこのバレエ団出身である。[市川 雅]
『パトリシア・バーンズ著、ケイコ・キーン訳『劇場通りの子供達』(1981・文化出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android