コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルカイガラムシ Diaspididae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルカイガラムシ
Diaspididae

半翅目同翅亜目マルカイガラムシ科に属する昆虫の総称。カイガラムシのなかで最も進化している代表群。一般に体長 4mm以下と微小で,脱皮殻と分泌物とによって鱗片状の介殻を形成し,各種植物に寄生固着して生活する。介殻は円形または長形で,長形のものはカキ殻状,表面がわずかにふくれ上がる。幼虫は1齢時に6節からなる触角があるが,宿主に固着後消失する。雌は一度固着すると一生移動することなく,介殻下で植物から吸汁して生活する。2回脱皮して成虫となるが,肢はなく,触角は痕跡を認める程度である。雄の成虫は翅をもつ。果樹,また庭木の害虫となるものが多く,ヤノネカイガラムシは柑橘類の大害虫である。 (→同翅類 , 半翅類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルカイガラムシ【scale insect】

半翅目マルカイガラムシ科Diaspididaeの昆虫の総称。大きなグループで,カイガラムシ類の大半を占め,日本から200種以上が知られている。微小な種が多く,一般に体長1~2mmくらい。キチン化した脱皮殻と虫体からの分泌物で鱗片状の虫体被覆物,いわゆる介殻(かいがら)を形成し,植物に固着して寄生生活を営む。円形の介殻を形成する種を代表して名づけられたが,介殻の形状は細長いもの,カキ殻状のものなどさまざまである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルカイガラムシ
まるかいがらむし / 丸貝虫

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目マルカイガラムシ科Diaspididaeの昆虫の総称。普通、非常に小さく、体長は4ミリ以下。殻は円形か長形で、表面はわずかに膨らみ、硬いものと軟らかいものがある。殻の表面には、白色、灰色、褐色、暗赤色、黒色などいろいろな色彩がある。雄の殻は雌の殻よりかなり小さく、長形のことが多い。雌成虫は有翅で、雄成虫は雌より小さく、無翅または有翅。複眼は3個の個眼からなり、触角はとくに発達する。幼虫は、一齢期には6節からなる触角と、脚(あし)や長い尾毛をもっているが、寄主植物に固着するとこれらは消失する。幼虫はろう質の物質を分泌して殻をつくる。重要害虫が多く、ミカン類や庭木に加害するトビイロマルカイガラムシ、ヤノネカイガラムシ、ツバキクロカイガラムシ、マツの葉に寄生するマツカキカイガラムシなどがある。[林 正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマルカイガラムシの言及

【カイガラムシ(介殻虫)】より

…一般に,果樹,植木,観葉植物の害虫として知られる。ワタフキカイガラムシ科,コナカイガラムシ科,カタカイガラムシ科,マルカイガラムシ科など十数科からなり,系統発生上はアブラムシ(蚜虫)などに近い。世界から6000~7000種,日本からは約400種が知られる。…

※「マルカイガラムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マルカイガラムシの関連キーワードコチニールカイガラムシカイガラムシ(介殻虫)ツヤコバチ(艶小蜂)コチニールレッド柏槇木葉介殻虫石南木葉介殻虫肉豆蔲長介殻虫蜜柑長蠣介殻虫仙人掌白介殻虫黒色黒星介殻虫腹広長介殻虫椰子円介殻虫蜜柑蠣介殻虫棕櫚円介殻虫青木長介殻虫杉黒星介殻虫矢の根貝殻虫鳶色円介殻虫正木長介殻虫長黒星介殻虫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルカイガラムシの関連情報