マルコム・エックス(読み)まるこむえっくす(英語表記)Malcom X

日本大百科全書(ニッポニカ)「マルコム・エックス」の解説

マルコム・エックス
まるこむえっくす
Malcom X
(1925―1965)

アメリカの黒人解放運動の急進派の指導者。ネブラスカ州オマハに生まれる。学校を中退し、21歳のとき強盗罪で投獄され(1946~1952)、獄中でブラック・ムスリム入信。名前もマルコム・リトルからマルコム・エックスに改めた。X(エックス)とは、「以前の」を示すex-(エクス)の象徴である。釈放後はブラック・ムスリムの献身的活動家となったが、差別され抑圧された黒人の怒りや憤りを大胆に表明した彼の言辞とその雄弁は、ゲットーに住む黒人青年に大きな影響を与え、一躍彼は、その師エライジャ・ムハンマドをも上回る教祖的存在となった。マルコム・エックスはしだいにブラック・ムスリムの分離主義的傾向に反発を深め、1964年にはブラック・ムスリムを去って自らの組織ムスリム・モスク・インクを創設した。さらにメッカをはじめ中東、アフリカ各地の見聞転機に、非宗教的で非宗派的な黒人解放組織「アフリカ系アメリカ人統一機構」Organization of Afro-American Unityを設立したが、1965年2月、ニューヨークで暗殺された。

[大塚秀之]

『濱本武雄訳『完訳マルコムX自伝』上下(中央公論新社)』『アレックス・ヘイリー著、浜本武雄訳『マルカムX自伝』(1968・河出書房新社)』『荒このみ著『マルコムX――人権への闘い』(岩波新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

20世紀西洋人名事典「マルコム・エックス」の解説

マルコム・エックス
Malcolm X


1925.5.19 - 1965.2.21
米国の黒人運動家。
ネブラスカ州オハマ生まれ。
本名Malcolm〉 マルコム〈Little リトル。
黒人解放運動の急進派の指導者。高等学校で優秀な成績をあげ、弁護士を志すが黒人ゆえに進路を閉ざされ、反抗して麻薬と犯罪に走り、1946年実刑判決10年。服役中ムハマドと文通し、ブラック・モスリムに入信。釈放後ブラック・ムスリムの献身的活動家となりハーレムのモスクを拠点に全米で活動。’64年ブラック・ムスリムを去り自らの組織ムスリム・モスク・インクを創設。又メッカをはじめ中東、アフリカ各地の見聞を転機に「アフリカ系アメリカ人統一機構」を設立。ハーレムで演説中、黒人に暗殺。著書「マルコムX自伝」(’65年)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典「マルコム・エックス」の解説

マルコム・エックス

生年月日:1925年5月19日
アメリカの黒人指導者
1965年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android