コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルボルク Malbork

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルボルク
Malbork

ポーランド北部,ポモルスキェ県の工業都市。ドイツ語ではマリーエンブルク Marienburg。グダニスク南東約 40km,ウィスワ川支流のノガト川沿いに位置する。 13世紀にドイツ騎士団により建設された城塞を中心に発達し,南北の貿易の基地として栄えた。 1466年ポーランド王国に編入,1772年プロシア領,第2次世界大戦後ポーランド領となる。繊維,機械,食品加工などの工業が盛ん。 14世紀の市庁舎があり,ドイツ騎士団の城塞は 1997年世界遺産の文化遺産に登録。人口3万 8747 (2002) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルボルク【Malbork】

ポーランド北部,エルブロンク県の都市。人口4万0200(1995)。ドイツ名はマリーエンブルクMarienburg。ビスワ川下流デルタ右岸の分流ノガト川に臨む。町の起源は古く,13世紀の城塞が残る。ドイツ騎士修道会の活動拠点で,東プロイセンの西端に位置した。市内に歴史的建造物が多く,観光地となっている。地方資源による製糖業,亜麻加工,酪製品,食肉加工の工業が立地する。【山本 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルボルク
まるぼるく
Malbork

ポーランド北部、ポモジェ県の都市。ビスワ川下流デルタ右岸の分流ノガト川に臨む。人口4万0129(2000)。現在は地方の小中心地であるが、町の歴史は古く、13世紀の城塞(じょうさい)が残る。チュートン騎士団の重要な活動拠点で、東プロイセンの西端にあたり、ドイツ語名をマリエンブルクMarienburgという。歴史的建造物が多く、観光地となっている。ノガト川沿いに建つチュートン騎士団の城(現・博物館)は有名。製糖、亜麻(あま)加工、酪製品製造など地方資源型の工業があるほか、大規模な食肉工場が立地する。[山本 茂]

世界遺産の登録

チュートン騎士団(ドイツ騎士団)の城は1997年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「マルボルクのドイツ騎士団の城」として世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マルボルクの関連キーワードマルボルクのドイツ騎士団の城マリエンブルク城

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルボルクの関連情報