コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレーシア航空 マレーシアこうくう Malaysia Airlines

2件 の用語解説(マレーシア航空の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレーシア航空
マレーシアこうくう
Malaysia Airlines

マレーシアの国営航空会社。2011年初現在,世界 100ヵ所以上の都市に定期便を運航し,多数のチャーター便も飛ばしている。1947年マラヤ航空として設立,1963年マレーシア連邦の成立に伴ってマレーシア航空と改められ,1965年シンガポールが連邦から独立したためマレーシアシンガポール航空と改称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マレーシア航空
まれーしあこうくう
Malaysian Airlines System Berhad

マレーシアの航空会社。略称MAS。1937年に小型飛行機シンガポールクアラ・ルンプールイポーペナンの間を結ぶマラヤン航空Malayan Airways Ltd.(MAL)として航空サービスを開始した。MALはストレイツ・スチームシップStraits Steamship社、イギリスオーシャントランスポートアンドトレーディングOcean Transport and Trading社およびインペリアル航空Imperial Airwaysの3社が共同して設立した。
 MALは1947年、インドネシアのバタビア(現、ジャカルタ)、ベトナムのサイゴン(現、ホー・チ・ミン)などとの間の国際路線に乗り出した。1958年には、BOAC(ブリティッシュ・エアウェイズの前身)、オーストラリアのカンタス航空Quantas Airways、マラヤ連邦、同連邦の独立に参加したボルネオの地方政府(サバ州政府)の四者の出資に基づく公開有限会社public limited companyとなった。1963年にはマレーシアの建国により、社名をマレーシアン航空Malaysian Airways(MAL)に変更。さらにマレー地方の各政府が航空整備強化の必要性を認識するなかで、1965年にはボルネオ航空Borneo Airwaysを合併。1966年にはマレーシア、シンガポール両政府の共同経営となり、マレーシア・シンガポール航空Malaysia-Singapore Airlines(MSA)と改称、1971年には共同経営を解消し、MSAはマレーシア・エアラインズMaraysia Airlines Berhadとシンガポール航空に分割された。マレーシア・エアラインズは1972年、現社名に改称した。1985年、マレーシア航空は巨額の航空機購入資金の必要性から民営化に着手、株式をクアラ・ルンプール証券取引所に上場し、1992年9月に3億5000万株の普通株が発行された。
 2000年代に入り赤字に陥ったMASは、2006年に再建計画を策定。国際路線の一部を廃止、国内路線の多くを手放した。従業員数は1万9596人(2006年末現在)、保有する運航機材は79機(2008年1月現在)。2010年時点で、世界67都市、国内15都市を結んでいる。なお、日本には東京と大阪に就航している。2008年の純資産は18億7923万リンギット、売上高は150億3530万リンギット。[上川孝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マレーシア航空の関連キーワード格安航空会社フルサービス航空会社英国航空[会社]カンタス航空[会社]格安航空会社(LCC)アリタリア・イタリア航空[会社]エール・フランス国営航空[会社]オランダ航空[会社]中国民航公司2レターコード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マレーシア航空の関連情報