コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マロッタ Marotta, Giuseppe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マロッタ
Marotta, Giuseppe

[生]1902. ナポリ
[没]1963. ナポリ
イタリアの小説家。 23歳頃から新聞に寄稿して文筆生活に入り,のちには映画の脚本も数多く手がけた。ナポリを舞台とする短編小説群が特に名高く,こまやかな描写にユーモアと哀愁を交え,庶民の心の底に触れた作品が多い。代表作に『ナポリの黄金』L'oro di Napoli (1947) ,『ミラノは寒からず』A Milano non fa freddo (49) ,『太陽の生徒たち』 Gli alunni del sole (52) ,『さあ,見つめよう』 Coraggio,guardiamo (53) ,『病めるアーケード街』 Mal di galleria (58) ,『時代の生徒たち』 Gli alunni del tempo (60) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マロッタ
まろった
Giuseppe Marotta
(1902―1963)

イタリアの作家。ナポリに生まれる。1925年にミラノへ移住し、ジャーナリストのかたわら、主として故郷ナポリの民衆生活を、ユーモアとペーソスをあわせもつ作風で描き上げた。とりわけ短編に異才を示し、代表作は短編集『ナポリの黄金』(1947)と『太陽の弟子たち』(1952)であるが、とくに前者はデ・シーカにより映画化されて話題をよんだ。[鷲平京子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マロッタの関連キーワード4月5日

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android