コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンガネッリ マンガネッリManganelli, Giorgio

2件 の用語解説(マンガネッリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンガネッリ
マンガネッリ
Manganelli, Giorgio

[生]1922. ミラノ
[没]1990.5.28. ローマ
イタリアの小説家,評論家。イギリス文学を専攻し,「63年グループ」に参加。新前衛派の代表的作家の一人。主著『ヒラロトラジェディア』 Hilarotragoedia (1964) ,『虚偽としての文学』 La letteratura come menzogna (67) ,『彼方の神々に』 Agli dei ulteriori (72) ,『暴君の賞賛』 Encomio del tirenno (90) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンガネッリ
まんがねっり
Giorgio Manganelli
(1922―1990)

イタリアの小説家、批評家。パビーア大学で英文学を学び、新前衛派の文学運動に参加、1964年に『悲喜劇』を発表して注目を集めた。文学の虚構性を強調し、既成の文体の破壊をねらって、逆説、反語、皮肉を駆使した独自の文体をつくりあげた。代表作は『後世の神々へ』(1972)、『百物語』(1975)、『愛』(1981)などであるが、難解さで知られ、既成の文体の否定のすえに得られる「無のポエジー」とでもいうべきものが特徴。[竹山博英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マンガネッリの関連キーワード印僑ブラジル文学日本共産党海部俊樹内閣ドイツ統一宮嶋資夫宗谷本線女性労働中国脅威論松竹歌劇団

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone