コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンガネッリ マンガネッリ Manganelli, Giorgio

2件 の用語解説(マンガネッリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンガネッリ
マンガネッリ
Manganelli, Giorgio

[生]1922. ミラノ
[没]1990.5.28. ローマ
イタリアの小説家,評論家。イギリス文学を専攻し,「63年グループ」に参加。新前衛派の代表的作家の一人。主著『ヒラロトラジェディア』 Hilarotragoedia (1964) ,『虚偽としての文学』 La letteratura come menzogna (67) ,『彼方の神々に』 Agli dei ulteriori (72) ,『暴君の賞賛』 Encomio del tirenno (90) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンガネッリ
まんがねっり
Giorgio Manganelli
(1922―1990)

イタリアの小説家、批評家。パビーア大学で英文学を学び、新前衛派の文学運動に参加、1964年に『悲喜劇』を発表して注目を集めた。文学の虚構性を強調し、既成の文体の破壊をねらって、逆説、反語、皮肉を駆使した独自の文体をつくりあげた。代表作は『後世の神々へ』(1972)、『百物語』(1975)、『愛』(1981)などであるが、難解さで知られ、既成の文体の否定のすえに得られる「無のポエジー」とでもいうべきものが特徴。[竹山博英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンガネッリの関連キーワードミラノ勅令ミラン没・歿勃・歿・没ミラネーゼパパミラノ霧のミラノミラノ・ムジカミラノ風ミラノ風リゾット

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone