コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンジュウガニ

2件 の用語解説(マンジュウガニの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マンジュウガニ

オウギガニ科マンジュウガニ属の甲殻類の総称。岩礁性の中型のカニ。アカマンジュウガニは全体濃赤色で,はさみ脚の指節だけが黒色。甲長6cm,甲幅10cmくらい。甲は横に広い丸みのある角形で,前側縁はひだをなし,歩脚は平たい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンジュウガニ
まんじゅうがに / 饅頭蟹

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目オウギガニ科マンジュウガニ属Atergatisのカニ類の総称。いずれも甲の輪郭は横長の楕円(だえん)形で、前側縁は丸みを帯び、明瞭(めいりょう)な歯はない。甲面が滑らかな種が多く、甲域は不明瞭である。岩礁の潮間帯から水深30メートルくらいまでの深さにすみ、西太平洋からインド洋西部まで広く分布する種が多い。各地の磯(いそ)でもっとも普通にみられるのは、甲幅5センチメートルほどのスベスベマンジュウガニA. floridusで、紫褐色の地に白色のレース模様をもつ。この模様は個体ごとに異なるが、どの個体でも左右相称である。やや小形であることから食用とすることはほとんどないが、有毒ガニとして有名。毒性はフグ毒に近い麻痺(まひ)性毒であるが、毒源は餌(えさ)にあると考えられる。甲幅10センチメートルほどの橙赤(とうせき)色のアカマンジュウガニA. subdentatusは日本固有種で、相模(さがみ)湾から九州沿岸までの浅海にすみ、イセエビ用の刺網によくかかる。近縁種のホシマンジュウガニA. integerrimusはインド西太平洋およびインド洋海域に広く分布し、甲の前半部に黄色のあばた状斑点(はんてん)が多数ある。甲面が横しわのために粗面を呈するヘリトリマンジュウガニA. reticulatusは、日本近海の浅海岩礁にごく普通に生息する。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンジュウガニの関連キーワード菱蟹琵琶蟹弁慶蟹扇蟹珊瑚蟹泥蟹鬚蟹饅頭蟹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マンジュウガニの関連情報