コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンナ マンナmanna

翻訳|manna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンナ
manna

旧約聖書『出エジプト記』 (16章) のなかで,神の賜物としてモーセによってイスラエルの民に示された食物。彼らがカナンの地に着くまでの 40年間主食となった。セリ科のコエンドロの実のように白く,そのままでは翌朝までもたず,ひきでひき (あるいは臼でつき) 釜で煮て餅としたと記されている。今日の学者は,これをギョリュウ属の木につくカイガラムシ排泄物と考えている。シナイ半島ベドウィンはこれをマンと呼び,蜂蜜の代りに用いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

マンナ

森永製菓株式会社が販売する幼児向け菓子のブランド名。幼児向け商品で、生後7ヶ月頃から食べられる。「ビスケット」「ウェファー」「ボーロ」がある。1930年発売。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

マンナの関連キーワードペティオ おいしくスリム満足ダイエットキャンデーマンナン・ヤーザウィンアダムズ・ブリッジコンニャクマンナンこんにゃくゼリーアダムズブリッジトゥティコリンガラクチトールコンニャクイモグルコマンナン蒟蒻マンナンヘイマエイ島ナルマダ離宮イタリア旅行マンナール島マンナちゃんグアーガムコンニャクさとう珠緒

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マンナの関連情報