マードック(Keith Rupert Murdoch)(読み)まーどっく(英語表記)Keith Rupert Murdoch

  • 1931―

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

「メディア王」といわれるオーストラリア出身の経営者で、ニューズ・コーポレーションの会長兼CEO(最高経営責任者)。オーストラリアをはじめ、イギリス、アメリカ、インド、香港(ホンコン)などで数多くの新聞・雑誌を発行し、テレビ会社をもつマードック・ファミリーを組織する。メルボルンに生まれ、オックスフォード大学卒業後、ロンドンの『デーリー・エクスプレス』紙で働きながら新聞経営を学ぶ。新聞社主であった父から『アデレード・ニューズ』紙などの経営を引き継ぎ、やがてオーストラリア唯一の全国紙『オーストラリアン』などを買収、「マードック帝国」の地歩を固めた。1969年イギリスに進出し、『ニューズ・オブ・ザ・ワールド』『サン』紙などを買収、センセーショナリズムを売り物とする新聞づくりを行い、部数を拡大。1973年アメリカにも進出して、『ニューヨーク・ポスト』紙などを獲得(のちに売却、1993年度に再度買収)した。1980年にメディア複合企業「ニューズ・コーポレーション」を設立。1981年にはイギリスの『タイムズ』紙を買収、1983年にはシカゴの名門紙『サン・タイムズ』も買収した(のちに売却)。1986年5月、アメリカ三大TVネットワークに対抗する第四のネットワークFBC(フォックス・ブロードキャスティング・カンパニー)を設立。1992年には映画のフォックス社社長兼会長に就任した。また通信・衛星放送への進出も目覚ましく、ニューズ・コーポレーションは日本のCSデジタル放送の運営会社「ジェイ・スカイ・ビー(JスカイB)」(1998年パーフェクTVと合併、スカイパーフェクTVとなり、2008年スカパーJSATとなる)の主要株主でもあった。1996年には、ニューズ・コーポレーションがソフトバンクと折半でテレビ朝日株式5136株(発行済み株式総数の21.4%)を買収したことが、大きな話題をよんだ(翌1997年、同株をすべて朝日新聞社が買い戻した)。また2000年には全米10テレビ局を所有するクリス・クラフト・インダストリーズ社を買収、ニューヨーク、ロサンゼルスなど大市場でのテレビ局数を着実に増やした。2007年にはウォール・ストリート・ジャーナルを発行する金融情報会社、ダウ・ジョーンズ社を傘下に収めた。なお1997年には、アメリカ大リーグ、ロサンゼルス・ドジャースを買収、のちに売却している。

[鈴木ケイ・伊藤高史]

『ジェローム・トッチリー著、仙名紀訳『マードック――世界制覇をめざすマスコミ王』(1990・ダイヤモンド社)』『アレックス・B・ブロック著、渡辺昭子訳『米国メディア戦争(ウォーズ)最前線――全米TV界制覇戦略』(1991・角川書店)』『桂敬一著『メディア王マードック上陸の衝撃』(1996・岩波書店)』『江戸雄介著『孫正義とマードックとJ・ヤンの野望――起業家の雄とメディア王の今後』(1996・本の森出版センター、コアラブックス発売)』『今井澂・山川清弘著『マードックの謎――世界のメディア王』(1998・東洋経済新報社)』『ウィリアム・ショークロス著、仙名紀訳『マードック――世界のメディアを支配する男』(1998・文芸春秋)』『スチュアート・クレイナー著、村山寿美子訳『マードック「直観」の法則――こうすればリスクが成功に変わる』(2000・PHP研究所)』『Michael LeapmanArrogant Aussie ; The Rupert Murdoch Story(1984, Lyle Stuart Inc., New Jersey)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android