コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーリー・エクスプレス デーリー・エクスプレス Daily Express

3件 の用語解説(デーリー・エクスプレスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デーリー・エクスプレス
デーリー・エクスプレス
Daily Express

イギリスの大衆紙で,ビーバーブルック系の代表紙。イギリス連邦第一主義を前面に押出している。 1900年 C.ピアソンが創刊,アメリカの新聞にならって第1面に主要ニュースを掲載,景品などをつけて半ペニーの廉価で積極的に販売,30年には競争紙『デーリー・メール』の部数を追越した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デーリー・エクスプレス

英国の日刊紙。1900年A.ピアソンが創刊。保守系で英国至上主義を主張。1912年ビーバーブルック卿の手に渡り,第2次大戦前は英国最大の発行部数を誇った。発行部数約112万部(1998年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デーリー・エクスプレス
でーりーえくすぷれす
Daily Express

イギリスの中間市場向け日刊タブロイド紙。1900年、雑誌で成功していたシリル・アーサー・ピアソンCyril Arthur Pearson(1866―1921)によって創刊された。当時、イギリスの新聞は一面を広告ページにしていたが、同紙は初めてニュースだけで埋めるアメリカ方式を取り入れた。編集方針は不偏不党だが、イギリス帝国主義擁護の立場にたち、海外報道に力を注いだ。しかし、競合紙に押されて伸び悩み、1916年、ウィリアム・マクスウェル・エイトキンWilliam Maxwell Aitken(後のビーバーブルック卿(きょう))が支配権を握った。その後、社勢は伸張し、1918年に日曜紙『サンデー・エクスプレス』を創刊、1920年代にはマンチェスター、グラスゴーにも進出し全国紙となった。レイアウトの天才と称されるアーサー・クリスチャンセンArthur Christiansenが編集長を務めた1930年代から1950年代にかけて部数は大きく伸び、1948年まで全国紙で部数トップの座を維持し続け、1950年の時点でも400万部を超えていた。時にセンセーショナリズムと批判されるが、低俗ではなく、硬いニュースもわかりやすく語りかける姿勢が受け入れられた。しかし、その後部数減が続き、直接の発行元のエクスプレス・ニューズペーパーズ社は、1977年に建築業者ビクター・マシューズに買収され、その後1985年にはユナイテッド・ビジネス・メディア社に、2000年には、ノーザン・アンド・シェル社に買収されるなど、経営主体は転々とかわった。政治的には保守派の立場が鮮明である。発行部数は2000年段階で105万部だったのが、2011年には64万部と大幅な減少となっている。[橋本 直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デーリー・エクスプレスの関連キーワードコーナーブルックビーバーブルックネービーブルーネービールックローバー200フォー・ユー・ブルーヤー・ブルースルック・オブ・ラブビーバーブルック・アート・ギャラリーバッソアンドブルック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone