コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイムズ タイムズ The Times

6件 の用語解説(タイムズの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

タイムズ(The Times)

イギリスの代表的な日刊高級紙。1785年ロンドンで創刊。保守的な論調で、英国の政治・外交に影響を与える。1981年にニューズ‐コーポレーションに買収され、その傘下に入った。発行部数は44万581部(2011年6月)。ロンドン‐タイムズ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タイムズ

ロンドン・タイムズと通称される英国の代表的高級日刊紙。1785年J.ウォルター〔1739-1812〕が《デーリーユニバーサルレジスター》という題号で創刊,1788年現名に改称。
→関連項目ガーディアンモリソンリデル・ハート

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タイムズ【The Times】

イギリスの代表的高級紙。もと石炭商人で,ロゴグラフィーと称する新式印刷術による印刷屋をしていたウォルターJohn Walterが,その宣伝のため,1785年1月1日《デーリー・ユニバーサル・レジスターThe Daily Universal Register》という題号で創刊した。創刊宣言には〈時代の記録者〉をうたった。88年1月1日《タイムズ・オア・デーリー・ユニバーサル・レジスターThe Times or Daily Universal Register》と改題,3月から《The Times》となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

タイムズ【The Times】

〔タイムスとも〕
イギリスの代表的日刊新聞。1785年ジョン=ウォルター創刊。ロンドン-タイムズ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイムズ
タイムズ

ロンドン・タイムズ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイムズ
たいむず
The Times

イギリスの代表的な高級日刊紙。『ガーディアン』『デーリー・テレグラフ』とともに「三大紙」と称され、国際的に高い声価を得ている。創刊は1785年。石炭商だったジョン・ウォルターが印刷業に乗り出し、連字活字の宣伝を目的に、『デーリー・ユニバーサル・レジスター』という紙名で発行したもの。3年後には『タイムズ』と改題し、商業上のニュースや告知のほかスキャンダルなども載せるようになった。経営は思わしくなく、政府の補助金を頼りにするほどであったが、1803年に次男のウォルター2世(1776―1847)が後を継ぎ、10年を経ずして世界有数の新聞に成長させた。『タイムズ』が「ザ・サンダラー(雷神)」の異名でよばれるようになったのも、この時代である。ウォルター2世は、政府からの自由の確保、優れた文章による優れた記事、郵便局による海外ニュース独占の打破、日曜紙『サンデー・タイムズ』の創刊、蒸気式印刷機の導入など数多くの功績を残した。なかでも、編集長にトーマスバーンズ(在任1817~1841)やジョン・ディレーン(在任1841~1877)を据えたことは、功績の第一のものであった。バーンズは、世論の重視を信条として社説に健筆をふるい、中産階級の支持を得た。発行部数も1500部前後だったのが、ピータールー事件(1819)に際して、政府に批判的な姿勢をとり始めた時期には7000部に達した。1836年の印紙税軽減以降、伸びは急速で、1837年には1万1000部を記録した。
 1848年にウォルター3世が後を継いでからの編集長ディレーンとのコンビも、『タイムズ』の発展に大きく貢献した。新発明の電信機の採用、輪転印刷機の導入などのほか、報道面ではクリミア戦争(1854~1856)に世界初の戦争特派員を派遣し、他紙の追随を許さない報道を展開した。イギリス政府は、『タイムズ』の記事によって、ロシアに和平の意向のあることを初めて知ったといわれる。部数は1848年の3万部から1877年には6万部に伸びた。
 しかし、1887年、アイルランド独立運動の指導者チャールズ・パーネルに関する誤報をしたころから、大衆紙の台頭もあって、社運が傾き始めた。部数は最盛期の1871年6万8000部から急減し、1908年には3万8000部に落ち、その一方で株主の内紛も起こり、廃刊の危機にみまわれた。そこで、同年、株主の一人であったノースクリフ卿(きょう)が資金を提供し、支配権を把握した。経営的には安定したものの、紙面への評価は下がった。1922年にノースクリフ卿が亡くなると、アスター家のジョン・ジェイコブ・アスター5世が経営権を買い戻し、『タイムズ』の伝統を維持していくためにトラスト(信託組織)を設立した。これによって編集の独立を守り抜いたが、経営を建て直すまでには至らず、1966年にカナダ出身の新聞王トムソン卿によって買収された。そのもとで、さまざまな改革が行われたが、新技術導入計画が組合との対立を生み、1979年に1年近くの休刊を余儀なくされる異常事態に陥った。1981年に、オーストラリア出身の新聞王ルパート・マードックに買収され、メディア複合企業ニューズ・コーポレーションの傘下に入った。経営権を握ったマードックは、1985年組合に極秘で新工場の建設を完了し、最新制作システムへの移行を成功させたり、新聞の値下げ競争を仕掛けたりするなど、荒っぽい手段で経営にあたった。部数は、1980年代前半の45万部程度から1990年代後半に70万部を超えたが、近年は2000年72万部から2011年46万部へ大幅に減少している。ウェブ版は1999年からスタートし、2010年3月から他に先駆けて有料化への取り組みを始めている。[橋本 直]
『磯部佑一郎著『イギリス新聞史』(1984・ジャパンタイムズ)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタイムズの言及

【ガーディアン】より

…59年8月から題名を《ガーディアン》に変更(このとき,部数約18万部,12万部弱がマンチェスター外で買われている),60年9月からロンドンで印刷。名実ともに《タイムズ》と並ぶ高級紙の代表となる。スエズ動乱の時には,フランスと手を組んだエジプトへの攻撃に反対,マンチェスターでの多くの読者を失うが,反対にイギリス南部,とくにロンドンでは新しい読者を獲得し,経営基盤も安定させた。…

※「タイムズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タイムズの関連キーワードイギリスオランダ戦争マスクメロンイギリス巻イギリスの名車Miniバースデーの日ジャガーXFジャガーXKイギリス石炭庁《イギリス商人大鑑》石炭庁(イギリス)イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タイムズの関連情報