コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォール・ストリート・ジャーナル Wall Street Journal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォール・ストリート・ジャーナル
Wall Street Journal

アメリカの経済新聞ダウ・ジョーンズ社の発行。 1852年 12月 21日創刊とされるが,号数は 67年 12月 21日から数えられている。ダウ・ジョーンズの発行になったのは 82年からで,アメリカ経済界の意向が最もよく反映する新聞として知られる。 1960年代からは一般ニュースも載せていて,アメリカでの1種の全国紙的役割も果している。発行部数月~金曜,朝刊 178万 3532 (1997) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウォール・ストリート・ジャーナル

1889年に創刊された米国の代表的経済新聞。日刊紙。会社管理職を主要読者層とするいわゆるクオリティー・ペーパーの一つ。発行部数は約190万部。その論説ウォール街の見解を代表するといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォール・ストリート・ジャーナル
うぉーるすとりーとじゃーなる
The Wall Street Journal

世界的に著名なアメリカの経済専門日刊紙。発行部数約208万部(2005年4~9月2)。金融情報会社ダウ・ジョーンズが親会社。1889年にチャールズ・ダウCharles Dow(1851―1902)、エドワード・ジョーンズEdward Jones(1856―1920)らによって創刊された。手書きでウォール街に配布された『カストマーズ・アフタヌーン・レター』(1882年創刊)がその前身。ダウ・ジョーンズ社はアメリカの経済の発展とともに拡大し、『ウォール・ストリート・ジャーナル』のほか、電信によるダウ・ジョーンズ・ニューズ・サービスをいち早く実施、ダウ工業平均株価指標を考案するなど、幅広く経済、金融、株式、財政の情報伝達を企業化した。『ジャーナル』は記事の正確さと信頼性に定評があり、広告面を除き写真を載せない地味な編集が特徴。しかし技術革新には積極的で全米17か所で印刷発行、1980年代には発行部数200万部を超えた。姉妹紙に『アジア・ウォール・ストリート・ジャーナル』(1976年創刊)、『ウォール・ストリート・ジャーナル・ヨーロッパ』(1983年創刊)がある。さらに1994年から同紙の「スペシャル・エデションズ」をスペイン語などで40か国で発行。また1999年にはアメリカ内の有力74紙と提携、『ウォール・ストリート・ジャーナル・サンデー』を創刊した。なお同紙のインターネット版は業界最大の有料契約者数(93万人、2007年)を誇る。なお、親会社のダウ・ジョーンズは2007年に「メディア王」マードックが会長をつとめるニューズ・コーポレーションに買収された。[小松原久夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウォール・ストリート・ジャーナルの関連キーワードニューヨーク・ダウ(DJIA:Dow Jones Industrial Average)ダウ・ジョーンズ(Dow Jones & Company)マードック(Keith Rupert Murdoch)経営大学院の国際認証とランキングデービッド イグネーシアスニューズコーポレーションアメリカ合衆国史(年表)スティーブン ジョンソンブラッドレー マーティンフィナンシャル・タイムズジェローム グループマンマシュー ブレジンスキー米欧元高官の核廃絶提言スティーブン ベーカーデービッド ウェッセルファリード ザカリアルパート マードックジル エイブラムソンリック カーシュナージャハンギル ラズミ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウォール・ストリート・ジャーナルの関連情報