コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズギク(水菊) ミズギクInula ciliaris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズギク(水菊)
ミズギク
Inula ciliaris

キク科の多年草。近畿以東と九州の一部に分布し,山地の湿地に生える。茎は高さ 25~50cmで,しばしば密に毛がある。根出葉花時にも生存し,長さ5~10cmの匙形で全縁である。茎葉上方へ行くほど小型でまばらになり,基部は茎を抱く。6~10月に,茎頂に黄色の頭花が1個咲き,周囲に舌状の雌花,中心部は両性の管状花をつけ,両方とも結実する。総包片は毛を密生し,その外側を同形包葉が囲む。東北地方,尾瀬には変種のオゼミズギクがあり,上方の葉の裏に腺点が多いことで区別する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android