ミズゴケ

百科事典マイペディアの解説

ミズゴケ

ミズゴケ科のコケ植物蘚類。世界に約300種,日本にも約40種が知られる。酸性の水湿地,特に高層湿原に多く,ツンドラの主要構成種としても知られる。淡緑色,ときに赤褐色の群落をつくり,植物体の古い部分は枯死して泥炭となる(ゆえにピートモスとも呼ばれる)。茎は長くのび,多数分枝して,舌状の葉を密につける。葉は葉緑体をもつ細長い細胞と,大型で葉緑体のない透明細胞とからなり,後者は水分の保存に役立つ。吸水・保水力を利用して,湿生・着生植物の栽培用土,植木の移植などに用いられる。
→関連項目指標植物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズゴケ
みずごけ / 水蘚
[学]Sphagnum

コケ植物(蘚類(せんるい)綱)ミズゴケ科ミズゴケ属の総称。世界中に約300種、日本では約40種が知られる。湿った場所や沼地などに生え、植物体は直立し、茎の全長にわたってほとんど等間隔で数本の枝が束生する。枝のうち2~3本は茎に沿って下に垂れるが、他の枝は横または斜めに開く。葉は重なり合ってたくさんつき、卵形となる。葉の細胞は大形で葉緑体を含まず、ところどころに小さな孔(あな)をもった透明細胞と、細長い線状で葉緑体を含む緑色細胞の2種類がほぼ交互に並ぶ。透明細胞は多量の水分を含むことができるため、水分を含んだときは全体として淡緑色をしているが、水分がなくなると体は全体として乳白色となる。このため、ミズゴケは園芸上、保水材として広く利用され、ピートモスpeatmossともよばれている。
 ミズゴケは冷涼な地方において多くの種類がみいだされている。とくに湿地帯に多く、上へ上へと成長し、長年の間に厚いミズゴケの層をつくる。このような場所は酸性土となるため、有機物の分解もおこりにくく、いわゆる高層湿原とよばれる状態となる。日本では尾瀬ヶ原が有名である。
 日本に比較的普通にみられる大形のミズゴケには、オオミズゴケS. palustre、ウロコミズゴケS. squarrosum、イボミズゴケS. papillosumなどがあり、いずれも長さ20センチメートル以上になる。このほか、日本ではホソバミズゴケS. girgensohnii、ヒメミズゴケS. fimbriatum、ホソベリミズゴケS. junghuhnianumなどがみられる。[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android