コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズニラ Isoetes japonica A.Br.

2件 の用語解説(ミズニラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミズニラ【Isoetes japonica A.Br.】

池沼,小川,泥地に生じる多年生の夏緑性鮮緑色の柔らかい水草で,シダ植物ヒカゲノカズラ亜門ミズニラ科に属する(イラスト)。ニラに似た姿をした水草であるところから和名がついた。茎は三分した塊茎で,二次生長をする。根が塊茎の下部から多数出る。葉は多数が叢生(そうせい)し,長さ20~30cm,細長い四角ばった円筒形で,先はしだいに細くなってとがる。基部は白色,卵形に広がり,三角形の小舌が葉の表にある。胞子囊は葉基部の表につく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズニラ
みずにら / 水韮
[学]Isoetes japonica A. Br.

ミズニラ科の夏緑性水生シダ。全体はニラに似て柔らかい。茎は塊茎状で、通常、径2~3センチメートルであるが、二次肥大成長を行って5センチメートルになることもある。葉は白く広がる卵形の基部から多数束生し、長さ10~30センチメートルで細長く、先がとがる。向軸面(葉の上側)に小舌(しょうぜつ)とよばれる三角形の小突起があり、その基部のくぼみに2型の胞子嚢(のう)を生ずる。内側の葉に大胞子嚢、外側の葉に小胞子嚢がつき、夏から秋にかけてそれぞれ大胞子と小胞子を生ずる。本州以西の浅い沼や田、溝でみられる。
 小舌のあることでイワヒバ科のクラマゴケの仲間であると思えるが、形態の比較から、古生代石炭紀の鱗木(りんぼく)などの巨大な小葉類の末裔(まつえい)とされる。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミズニラの言及

【藻】より

…水中に生えている植物。もともと水生生活をする藻類だけでなく,陸上植物から水生に変わったアマモやキンギョモなどの顕花植物,サンショウモやミズニラなどのシダ植物,マリゴケなどのコケ植物も漠然とまとめて呼ぶ。【堀田 満】。…

※「ミズニラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミズニラの関連キーワード多年生ポトス河骨生じる生即無生石菖藻房藻蜘蛛の巣羊歯立忍蔓連朶

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone