コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミゾコウジュ Salvia plebeia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミゾコウジュ
Salvia plebeia

シソ科の越年草。アジアの暖温帯から熱帯,さらにオーストラリアにかけて広い分布をもつ。北海道を除く日本全域のやや湿った路傍などに生える。冬は根出葉が大型のロゼットをつくり,この根出葉は花期には枯れる。茎葉は短柄があり,長さ3~6cmの長楕円形で細毛が生え,上面には皺がある。5~6月に,上部の葉腋や茎頂に花穂を出し,淡紫色の唇形花を数段につけ,シソの花に似ている。個々の花は小さな唇形で長さ4~5mmである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミゾコウジュ
みぞこうじゅ / 溝香
[学]Salvia plebeia R. Br.

シソ科の越年草。ユキミソウともいう。冬には長楕円(ちょうだえん)形のロゼット葉がある。茎は四角形で直立し、高さ30~70センチメートル。葉は短い柄があって対生し、長さ3~6センチメートル、脈の部分がへこんでしわがあるようにみえる。春、茎や枝の先に花穂をつくり、淡紫色の小さな唇形花を開く。日本、および中国、東南アジア、オーストラリア、インドに広く分布する。低地の道端や畑に生えるが、近年は開発によって非常に少なくなった。[村田 源]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミゾコウジュの関連キーワード吉野川(四国)村田

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android