コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミゾコウジュ ミゾコウジュ Salvia plebeia

2件 の用語解説(ミゾコウジュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミゾコウジュ
ミゾコウジュ
Salvia plebeia

シソ科の越年草。アジアの暖温帯から熱帯,さらにオーストラリアにかけて広い分布をもつ。北海道を除く日本全域のやや湿った路傍などに生える。冬は根出葉が大型のロゼットをつくり,この根出葉は花期には枯れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミゾコウジュ
みぞこうじゅ / 溝香
[学]Salvia plebeia R. Br.

シソ科の越年草。ユキミソウともいう。冬には長楕円(ちょうだえん)形のロゼット葉がある。茎は四角形で直立し、高さ30~70センチメートル。葉は短い柄があって対生し、長さ3~6センチメートル、脈の部分がへこんでしわがあるようにみえる。春、茎や枝の先に花穂をつくり、淡紫色の小さな唇形花を開く。日本、および中国、東南アジア、オーストラリア、インドに広く分布する。低地の道端や畑に生えるが、近年は開発によって非常に少なくなった。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミゾコウジュの関連キーワード荏胡麻オーク暖温帯浜菱アジアンポップス子持万年草暖温帯林薬師草ナミキソウネコノシタ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミゾコウジュの関連情報