コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミゾハコベ ミゾハコベ Elatine triandra; waterwort

3件 の用語解説(ミゾハコベの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミゾハコベ
ミゾハコベ
Elatine triandra; waterwort

ミゾハコベ科の一年草。北半球の温帯全域と南アメリカに広く分布する。日本では北海道を除く各地の水田や溝に生える。小型で,茎は地面をはって分枝し,長さ3~10cmになる。葉は対生し小さな広披針形ないし狭卵形で長さ 1cm弱,無毛で乾くと帯紅色になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミゾハコベ【Elatine triandra Schk.】

水田に多く発生する小さく軟らかいミゾハコベ科の一年生雑草イラスト)。本州~沖縄に産し,北半球から南アメリカに広く分布する。茎は地表をはい,長さ3~10cm。各節から細い根を伸ばす。葉は狭卵形で対生し,長さ5~10mm。一対の托葉がある。6~8月ころ,葉腋(ようえき)に径1mmほどの淡紅色の両性花を単生する。離弁花で,萼片,花弁,おしべが各3個ある。学名の種小名は〈3本のおしべ〉を意味する。子房は上位で3室。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミゾハコベ
みぞはこべ
[学]Elatine triandra Schk.

ミゾハコベ科の一年草。全草小形で柔らかく、乾くと紅色を帯びる。茎は横にはい、長さ3~10センチメートルで分枝が多い。葉は対生し、広披針(こうひしん)形または狭卵形で先は丸く、基部は狭まり、毛はない。6~8月、葉腋(ようえき)に淡紅色の小花を単生する。萼片(がくへん)は3枚、基部は癒合する。花弁は3枚、萼片よりやや長い。花柱は3本で短く、直立する。(さくか)は扁球(へんきゅう)形で膜質。水田などの湿地に生え、本州から沖縄、および北半球、南アメリカに分布する。
 ミゾハコベ科Elatinaceaeは双子葉植物離弁花類。一年草または多年草。葉は対生か輪生で托(たく)葉がある。花は小形で両性。萼片と花弁は3~5枚で離生する。雄しべは花弁と同数か2倍数。世界に2属約40種あり、日本に2属2種分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミゾハコベの関連キーワードコナダニ多発柔らかい・軟らかい禊萩溝繁縷目奈陀柔らかいネコノメソウ千葉県旭市溝原メラノーマ (melanoma)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone