コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離弁花 リベンカ

デジタル大辞泉の解説

りべん‐か〔‐クワ〕【離弁花】

すべての花びらが分離している花。桜・アブラナ・エンドウなど。⇔合弁花

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

離弁花【りべんか】

被子植物双子葉類のうち,花弁が互いに離れているものの総称(パンジー,サクラ,アネモネなど)であるが,花弁の欠けているもの(ヤナギ,ドクダミなど)や,花弁の融合を起こしているもの(ツバキなど)も含まれる。
→関連項目双子葉植物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りべんか【離弁花 polypetalous flower】

サクラやマメの花のように花弁が1枚1枚完全に離れているものをいう。合弁花に対する語。しかしツバキやフヨウのように花弁の基部で合着していたり,ブドウのように先端で合着したりするものも含まれている。テッセンの花の花弁状の部分は萼片で花弁はない。またオシロイバナジンチョウゲの花は合弁花のようにみえるが,美しく花冠のようにみえる部分は萼片が合着したものであり,やはり花冠はない。このように花被が1輪しかない花を単花被花monochlamydeous flowerといい,サクラや豆のように花被が萼と花冠のように2輪あるものを重花被花dichlamydeous flowerという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

離弁花
りべんか

合弁花に対する語で、離弁花冠をもった花をいう。離弁花では花弁が離生しており、進化のうえからは合弁花よりも低い段階とされ、離弁花類Apopetalae, Choripetalaeまたは古生花被(かひ)類Archichlamydeaeのもっとも重要な特徴である。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

離弁花の関連キーワードコウトウマメモドキ科シュウカイドウ科クロウメモドキ科カワゴケソウ科オシロイバナ科芥子科・罌粟科ミツバウツギ科ベンケイソウ科ビャクダン科モクマオウ科ツヅラフジ科アワブキ科ヒメハギ科ウリノキ科ミソハギ科コショウ科ミゾハコベモチノキ科ドクダミ科イイギリ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離弁花の関連情報