コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミチューリンスク ミチューリンスク Michurinsk

2件 の用語解説(ミチューリンスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミチューリンスク
ミチューリンスク
Michurinsk

1932年まではコズロフ Kozlov。ロシア西部,タンボフ州の都市。州都タンボフ西北西約 70kmにあり,ドン川水系レスノイボロネジ川にのぞむ。 1636年要塞として建設された。金属加工,果実缶詰,繊維などの工業がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミチューリンスク
みちゅーりんすく
Мичуринск Michurinsk

ロシア連邦、タムボフ州の都市。人口12万1800(1999)。レスノイ・ボロネジ川畔に位置し、鉄道の分岐点。1932年までコズロフКозлов/Kozlovとよばれたが、品種改良で著名な育種学者I・V・ミチューリンが当市に居住していたことから、その名を記念して改名した。市の起源は、17世紀に建てられた要塞(ようさい)に始まる。現在、食品、金属加工などの工業都市で、ミチューリン記念遺伝研究所、農業大学、教育大学、ミチューリン住居博物館がある。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミチューリンスクの関連キーワードカズロフコズロフズロースミチューリンこずみ箱鮨Козловすずろコズロフ・コレクションノンズロ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone