コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミナンカバウ族 ミナンカバウぞく Minangkabau

2件 の用語解説(ミナンカバウ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミナンカバウ族
ミナンカバウぞく
Minangkabau

元来スマトラ中央部のパダン高地に住む民族。他のインドネシアの諸地域やマレーシアにも分布している。人口は 200万~500万の間と推定される。言語はオーストロネシア語族に属する。かつてインド文化の影響を受け,マニラ帝国を建設して高原一帯を支配し,マレー半島に植民地をもっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミナンカバウぞく【ミナンカバウ族 Minangkabau】

インドネシアの1種族。マレー語系のミナンカバウ語を話す。水稲耕作,商品作物栽培,家内工業,商業を主たる生業とする。故地である現在の西スマトラ州に300万人,インドネシアの他地域に130万人在住すると推定される(1980)。マレー半島のヌグリ・スンビラン(九つの国の意で,マラッカ王国の西隣の地域)も,かつてミナンカバウ移住民によって植民されたものである。伝承では,アレクサンドロス大王の末裔という。14世紀より19世紀初頭まで王を頂いていたが,王権はきわめて脆弱なもので,ナガリ(ムラ)が強い自律性を有していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のミナンカバウ族の言及

【住居】より

…また,ニアス島をはじめスマトラ,スラウェシ,ボルネオ,さらにチモールの諸島に点在する大規模な木造屋根をもつ住居を建てるそうした民族は,大陸部から南下してきたプロト・マレー人の系統に属し,その後移動してきたデュエトロ(開化)・マレー人によって少数民族として山間僻地に追いやられるなかで,それぞれの民族のアイデンティティを住居形式として残してきたとも考えられている。
[ミナンカバウ族――母系制大家族の共住]
 西スマトラのミナンカバウ族の住居は,そうしたなかで,ほとんど唯一の母系制原理による大家族共住の形態として知られている。水牛の角をシンボライズするという,ゴンジョングと呼ぶ尖頭をもつその形態は実に勇壮である。…

【スマトラ[島]】より

… 民族は地域により複雑である。西岸沖合ニアス島のニアス族,本島中部のバタク族などはプロト・マレー系であるが,北部のアチェ族,西部高原のミナンカバウ族,南部のランポン族,東海岸のマレー人などはいずれも開化(第2次)マレー系である。このほか海岸各地にインド・アラブ系,中国系住民もおり,南部にはジャワ族の集団移住地もみられる。…

【血】より

…この悪い血をとらないと,若者は弱くなり,仕事をする気力がなくなり,狩りや戦争のとき手や目が利かなくなり,また性的能力も衰えるという。胎児が母親の経血によって養われるという観念は,西洋の古典医学,たとえばヒッポクラテスも,またスマトラのミナンカバウ族ももっており,広く分布している。血の生命力の信仰は血の神聖という考えにつらなる。…

【チンドゥア・マト】より

…インドネシア,スマトラ島のミナンカバウ族の代表的カバ。カバkabaはマレー文化圏に見られる口承物語の一種で,本来は韻文形式をとり,歌うようにして語られる。…

※「ミナンカバウ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミナンカバウ族の関連キーワードインドネシアインドネシア語インドネシア語派マレーポリネシア語族インドネシア海溝インドネシアの恋唄インドネシア大統領邸宅タマンミニインドネシア日本のインドネシア占領インドネシア・マレーシア言語委員会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone