コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヒャエル・コールハース ミヒャエル・コールハース Michael Kohlhaas

2件 の用語解説(ミヒャエル・コールハースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヒャエル・コールハース
ミヒャエル・コールハース
Michael Kohlhaas

ドイツの劇作家,小説家ハインリヒフォンクライスト短編小説。 1810年刊。歴史上の事件に取材し,領主に不当な仕打ちを受けたばくろうのコールハースが復讐に駆りたてられ破滅する過程が,即物的な筆致で息づまるばかりの緊迫感をもって描かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヒャエル・コールハース
みひゃえるこーるはーす
Michael Kohlhaas

ドイツの劇作家・小説家クライストの小説。1810年刊。モデルは年代記に登場する16世紀の人物。馬喰(ばくろう)コールハースはザクセンの土地貴族(ユンカー)の無法な行為に抗議して、「正義」の戦いを挑む。合法的訴訟を妨害されると、一徹な正義の念から自力による報復を企て、この実直で敬虔(けいけん)な人間はやがて恐るべき暴徒の長になる。ルターやブランデンブルク選帝侯の調停を得て不本意な不法行為を中止した彼は、自分の要求がかなえられたのをみて、死罪に服する。一馬喰の戦いの物語は、また悪い権力者の没落の物語でもある。作者は記録的手法や客観的叙述によってこの特異な主人公を造形する反面、浪漫(ろうまん)的モチーフも導入して権力者の破滅を戯画的に描出している。[中村志朗]
『吉田次郎訳『ミヒャエル・コールハースの運命』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミヒャエル・コールハースの関連キーワードシュミットボンハインリヒ・フォン・オフターディンゲンハインリヒ・フォン・モールンゲンヒルデスハイマーハインリヒハルトマンフォンアウエマイヤーフェルスター影のない女マックス・フォン・オッペンハイム男爵《ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミヒャエル・コールハースの関連情報