コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミフクラギ spear‐leaved cerbera

世界大百科事典 第2版の解説

ミフクラギ【spear‐leaved cerbera】

日本では琉球諸島の海岸林に見られるキョウチクトウ科有毒植物として有名な常緑小高木(イラスト)。高さ4~10mに達し,全体に白色の乳液を有する。葉は小枝の先端に集まり,互生し,倒卵状長楕円形ないし倒卵状披針形,長さ6~37cm,毛がなく,先端は急に細長くとがり,基部は狭長,多数の側脈がある。集散花序は頂生。花冠は高盆形で白色,径約5cm,喉部(こうぶ)は紅色,裂片は5枚で倒卵状鎌形,長さ2~3cm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ミフクラギの関連キーワードオキナワキョウチクトウ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android