コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマキンバイ

百科事典マイペディアの解説

ミヤマキンバイ

北海道,本州中部以北の高山にはえるバラ科の多年草。全体に粗毛があり,茎は高さ10〜20cm。根出葉は太い根茎上に数個つき,卵形で鋸歯(きょし)のある3枚の小葉からなる。
→関連項目高山植物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマキンバイ
みやまきんばい / 深山金梅
[学]Potentilla matsumurae Th. Wolf

バラ科の多年草。茎は太く、高さは約10センチメートル、斜上することが多い。葉は3出複葉。7~8月、花茎の先端に黄色で径約2センチメートルの5弁花を数個開く。果実は痩果(そうか)。高山のやや湿った所に好んで生え、中部地方以北の本州、北海道に分布する。山草としてよく植栽されるウラジロキンバイP. nivea L.は本種に似るが、葉裏は白毛を密生し、白くみえる。[鳴橋直弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミヤマキンバイの言及

【キジムシロ(雉蓆)】より

…根茎が薬用とする柴胡に似ることから名づけられた。高山の草原や,やや湿った砂礫(されき)地に生えるミヤマキンバイ(深山金梅)P.matsumurae Th.Wolf(イラスト)は,葉は3小葉からなる。花期は7~8月で,高山植物の代表的なものである。…

※「ミヤマキンバイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミヤマキンバイの関連キーワードキジムシロ大雪山

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android