コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュゼット ミュゼット musette

翻訳|musette

4件 の用語解説(ミュゼットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュゼット
ミュゼット
musette

楽器および楽曲形式の一つ。 (1) 17~18世紀にフランスの宮廷でよく用いられた楽器で,バッグパイプの一種。 (2) 田園風な3拍子の舞曲。楽器のミュゼットで奏するような低音の持続音をもつのが特色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミュゼット(〈フランス〉musette)

肩ひものついた、革または布製の小型のかばん。ミュゼットバッグ。
バグパイプの一種。ふいごで送風する方式で、17~18世紀にフランスで流行した。
牧歌風の三拍子の舞曲。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミュゼット【musette[フランス]】

(1)フランス語バッグパイプを指す語の一つ。この楽器はフランスにおいても田園の楽器であるが,18世紀には宮廷や上流社会でも愛好され,芸術音楽にも採り入れられた。また,J.S.バッハの作品にも例があるように,この楽器の特色をまねて作られた楽曲もミュゼットと名づけられた。(2)フランスのシャンソンあるいはポピュラーな舞踊音楽で,バルス・ミュゼットvalse musette,ジャバ・ミュゼットjava musetteなどといえば,アコーディオン中心のバンドで演奏される活発なワルツの一種のことで,この場合,略して単にミュゼットということがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ミュゼット【musette】

フランスの民俗楽器。ふいご式バグパイプの一種。一七~一八世紀に、貴族階級の間で流行した小風笛。
田園風な趣の三拍子の古典舞曲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミュゼットの言及

【オーボエ】より

…例えばバッハの諸作品に,チャイコフスキー《白鳥の湖》の前奏曲に,シューベルトの《未完成交響曲》に美しい旋律を聞くことができる。 オーボエ族の楽器に,短3度低いA管で,現在移調楽器として使われるオーボエ・ダモーレoboe d’amore,イングリッシュ・ホルン,バリトン・オーボエ(オーボエの2倍の大きさで音域が1オクターブ低い),ソプラノ・オーボエ(短3度高いEs管),コントラバス・オーボエ(標準より1オクターブと5度低いF管),バッグパイプの一種ミュゼットmusette(標準より5度高いG管)があげられる。【北爪 利世】。…

※「ミュゼット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミュゼットの関連キーワードオイル語バグパイプフレンチフラングレテレビ テレビでフランス語ラジオ まいにちフランス語ランボウルコルネアン《フランス語の世界性について》《フランス語の擁護と顕揚》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミュゼットの関連情報