コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュゼット musette

翻訳|musette

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュゼット
musette

楽器および楽曲形式の一つ。 (1) 17~18世紀にフランスの宮廷でよく用いられた楽器で,バッグパイプの一種。 (2) 田園風な3拍子の舞曲。楽器のミュゼットで奏するような低音の持続音をもつのが特色。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ミュゼット(〈フランス〉musette)

肩ひものついた、革または布製の小型のかばん。ミュゼットバッグ。
バグパイプの一種。ふいごで送風する方式で、17~18世紀にフランスで流行した。
牧歌風の三拍子の舞曲。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ミュゼット【musette[フランス]】

(1)フランス語でバッグパイプを指す語の一つ。この楽器はフランスにおいても田園の楽器であるが,18世紀には宮廷や上流社会でも愛好され,芸術音楽にも採り入れられた。また,J.S.バッハの作品にも例があるように,この楽器の特色をまねて作られた楽曲もミュゼットと名づけられた。(2)フランスのシャンソンあるいはポピュラーな舞踊音楽で,バルス・ミュゼットvalse musette,ジャバ・ミュゼットjava musetteなどといえば,アコーディオン中心のバンドで演奏される活発なワルツの一種のことで,この場合,略して単にミュゼットということがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ミュゼット【musette】

フランスの民俗楽器。ふいご式バグパイプの一種。一七~一八世紀に、貴族階級の間で流行した小風笛。
田園風な趣の三拍子の古典舞曲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のミュゼットの言及

【オーボエ】より

…例えばバッハの諸作品に,チャイコフスキー《白鳥の湖》の前奏曲に,シューベルトの《未完成交響曲》に美しい旋律を聞くことができる。 オーボエ族の楽器に,短3度低いA管で,現在移調楽器として使われるオーボエ・ダモーレoboe d’amore,イングリッシュ・ホルン,バリトン・オーボエ(オーボエの2倍の大きさで音域が1オクターブ低い),ソプラノ・オーボエ(短3度高いEs管),コントラバス・オーボエ(標準より1オクターブと5度低いF管),バッグパイプの一種ミュゼットmusette(標準より5度高いG管)があげられる。【北爪 利世】。…

※「ミュゼット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミュゼットの関連キーワードアコーディオン[accordion]ラウル バルボサダニエル コランボアモルティエ中山うり桑山哲也ガボット

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミュゼットの関連情報