バッグパイプ(英語表記)bagpipe

翻訳|bagpipe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッグパイプ
bagpipe

木管楽器の一種。「バグパイプ」ともいう。皮の空気袋に2本以上の管が取付けられていて,口で吹くか,ふいごを用いて奏する。指で押えてメロディーを奏する管と演奏の間一定の低音を奏し続ける管がある。紀元前後から存在したという記録がある。現在スコットランドで使われているものが最も有名であるが,その他のヨーロッパ,インド,旧ソ連地域の一部,北アフリカアラビアなどにもみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バッグパイプ

広義には空気袋つきの管楽器の総称。バグパイプとも。革または布製の空気袋を小脇にかかえ,これを押すことによって,指孔のある旋律管と指孔のないドローン(持続音)管を同時に鳴らす。管には2枚か1枚のリードがついている。空気袋への空気の供給は,口吹式と,片腕で操作する鞴式がある。東はインド,西はスペイン,北は英国,南は北アフリカと,広範囲にわたる牧羊地域にみられるほか,英国の旧植民地にも持ち込まれている。狭義にはイギリス諸島のものを指し,踊りの伴奏,祭り,軍隊の行進曲に用いられる。
→関連項目ガイダサンポーニャ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バッグパイプ【bagpipe】

1~2枚のリードの付いた管を革の袋に取り付け,袋の中にためられた空気を押し出して吹奏と同じ効果をつくりだす楽器。バグパイプともいう。発生は不明であるが,ディオン・クリュソストモスDiōn Chrysostomos(40ころ‐112ころ)の著作に,皇帝ネロが〈唇とわきの下にはさんだ革とで何本かのを吹く〉とある。一方,飲料水の運搬や保存に革袋を用いる西南アジアの発生とし,羊飼いの楽器であったとする説もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バッグパイプ
ばっぐぱいぷ
bagpipe英語
SackpfeifeDudelsackドイツ語
cornemuseフランス語

気鳴楽器の一種。その起源についてはまだ解明されていないが、長い歴史をもった楽器で、インドから北アフリカ、およびヨーロッパのかなりの地域で用いられ、今日でもスコットランドの軍楽隊の楽器として広く知られている。またその構造も、単純なものから高度に発達したものまでさまざまである。基本的な形は、管にリードをつけた笛を空気袋に取り付けたもので、袋を腕で締め付けてリードを振動させる。袋に空気を送り込む方法としては、逆流防止弁を取り付けた管を通して口で吹き込むもの(口吹き式)と、袋にふいごを取り付け腕でこれを動かすもの(ふいご式)とがある。山羊(やぎ)や羊といった小形の動物の皮や、牛など大形動物の胃袋・膀胱(ぼうこう)などを空気袋としていることが多い。近年はゴム引きの布やゴム袋を用いたものもあるが、その場合、袋内の水分が袋の素材にまったく吸収されないため、吹き込み管式では水抜きのバルブが設けられている。
 一般的に、笛は旋律を奏するための指孔をあけたもの1本と、孔のないもの3本前後が取り付けられている。英語で前者はチャンターchanter、後者はドローンdroneとよばれる。チャンターの指孔の数は6~8個の場合が多い。ドローンが3本の場合には、各管はそれぞれ、チャンターの主音の一オクターブ下、四度下、同音に調律されている場合が多い。チャンターの外形は円錐(えんすい)のものと円筒のものがあるが、円錐のものは多くの場合口吹き式に用いられ、大きな音量が得られることから野外で演奏されることが多く、西ヨーロッパによくみられる。円筒のものは逆にふいご式のものに用いられることが多く、柔らかな音色のため室内での演奏に適し、北アフリカ、東ヨーロッパに多い。
 発音源であるリードは、口吹き式の場合硬くなければ水分に耐えられず、逆にふいご式の場合には薄いリードでなければ十分に鳴らない。西ヨーロッパではどちらかというとチャンターにはオーボエのようなダブル・リードを用い、ドローンにはクラリネットのようなシングル・リードを用いている例が多い(フランスやイタリアではすべてダブル・リードを用いているものもある)。これに対して、東ヨーロッパではチャンターにシングル・リードを用いている例が多い。リードの材料としては、葦(あし)、金属、プラスチックなどが用いられる。とくに最近のものでは、チャンターにプラスチック、ドローンに金属を用いているものが多い。[卜田隆嗣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android