コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュンスター再洗礼派王国 ミュンスターさいせんれいはおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

ミュンスターさいせんれいはおうこく【ミュンスター再洗礼派王国】

北ドイツの都市ミュンスターにおいて,都市宗教改革運動の一環として展開された運動。1533年初頭,司教から宗教改革公認を獲得するが,説教師ロートマンBernhard Rothmann(1495ころ‐?)の指導下で激化し,34年2月再洗礼派が合法的に市権力を掌握する。他方,ネーデルラントで迫害されていたメルヒオル派再洗礼派はミュンスターを新エルサレムとみなし大挙流入してきた。かくして新旧諸侯軍の包囲下,再洗礼派千年王国が樹立される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ミュンスター再洗礼派王国の関連キーワードメノー派

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android