コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュンスター Münster, Sebastian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュンスター
Münster, Sebastian

[生]1489. インゲルハイム
[没]1552.5.23. バーゼル
ドイツの地理学者,数学者,天文学者,ヘブライ語学者。 1527年バーゼル大学ヘブライ語教授となり,ドイツで初めてヘブライ語の聖書を編纂。また多くの地理学書を出版したが,なかでも『コスモグラフィア・ウニベルサリス』 Cosmographia universalis (6巻,1544) は初めてドイツ語で書かれた代表的な世界地理書で,各国語に翻訳された。

ミュンスター
Münster

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の都市。ドルトムントの北北東約 50km,肥沃なミュンスターラントの中心を占める。 804年カルル大帝が司教座を設けたのに始り,1137年都市権を獲得。 13~14世紀には特にイギリスとの毛織物貿易で栄え,ハンザ同盟の有力な一員となった。 1648年ウェストファリア条約の一部はここで締結された。交通の要地,農産物の集散地,政府諸出先機関の所在地。工業では農業機械,繊維・金属製品の生産が行われる。第2次世界大戦で市域はほとんど壊滅したが,歴史的建造物の大部分は修復,再建された。市街は大聖堂 (13世紀。ゴシック様式の代表的建物) を中心に,これを囲んで半円形のプリンツィパルマルクト繁華街,市庁舎 (14世紀後半。ゴシック様式) があり,司教の城館 (現大学本部) 付近には植物園,人工湖があり,美術館,劇場その他文化施設も多い。人口 27万5543(2010)。

ミュンスター
Münster

ドイツ語で司教座のある大聖堂の意。フランス語カテドラル cathédral,イタリア語ドゥオモ duomo同義

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ミュンスター(Münster)

ドイツ西部、ノルトライン‐ウェストファーレン州の都市。9世紀初頭、フランク王国カール大帝により司教座が置かれ、13世紀にはハンザ同盟に加盟し発展。三十年戦争講和条約であるウエストファリア条約の締結地。ウェストファーレン‐ウィルヘルム大学があり、大学都市でもある。ザンクトパウルス大聖堂をはじめ歴史的建造物が多い。10年に一度、ミュンスター彫刻プロジェクトが開催されることでも知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ミュンスター

ドイツ北西部,ノルトライン・ウェストファーレン州北東部の中心都市。ドルトムント・エムス運河に臨む。機械・繊維工業などが行われる。大学(1773年創立)がある。市の中心部は第2次大戦で破壊されたが,中世以来の形式で復元。
→関連項目ウェストファーレン再洗礼派

ミュンスター

ドイツの地理学者,神学者。初めフランシスコ会修道士となり,ハイデルベルク大学で神学を講じ,のちプロテスタントに改宗,バーゼル大学でヘブライ語を教えた。世界の歴史地理を集成した《宇宙誌(コスモグラフィア)》(1544年)は各国語に翻訳されて広く読まれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミュンスター【Münster】

ドイツ北西部,ノルトライン・ウェストファーレン州の都市。人口26万5000(1995)。中世以来ウェストファーレンの商業,政治,文化の中心地。市東部にドルトムント・エムス運河が通じ,機械,電機,化学,繊維工業などが行われる。1780年創設のウェストファーレン・ウィルヘルム大学,ノルトライン・ウェストファーレン憲法裁判所などがある。その起源は,カール大帝がザクセン族キリスト教化のため792年布教者リュートガーLiudger(742ころ‐809)にこの地一帯を伝道地として与え,9世紀初頭ここに司教座が置かれたことによる(町の名は,ラテン語のモナステリウムmonasterium(修道院)に由来)。

ミュンスター【Sebastian Münster】

1488?‐1552
ドイツのヘブライ語学者。マインツに近い村インゲルハイムに生まれ,ハイデルベルクとウィーンで学び,チュービンゲンの神学・哲学教師,ハイデルベルク大学ヘブライ語学教授を経て,1529年バーゼル大学ヘブライ語学教授となり,在職中に没した。彼の名が歴史にとどめられているのは,1544年に初版が刊行され,以後1世紀以上にもわたって利用されたその著書《宇宙誌(コスモグラフィア)》のためである。それまでの宇宙誌が数理地理的性格の強いものであったのに対して,彼のは地誌に重点を置く,便利ないわば世界地理歴史百科であったからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュンスター
みゅんすたー
Mnster

ドイツ西部、ノルトライン・ウェストファーレン州の都市。人口26万5600(2000)。いわゆるミュンスターラントの古くからの中心地で、司教座聖堂を核に発展した。ウェストファーレン・ウィルヘルム大学がある大学都市であり、またライン地方と北ドイツ地方を結ぶ鉄道やアウトバーン、およびドルトムント・エムス運河が通る交通の要衝でもある。農産物の集散も盛ん。工業には農業機械、繊維などがある。市街は聖堂とその広場、その東側を縁どる中心商店街のプリンチパル・マルクト、ゴシック様式の市庁舎、ランベルト教会などが核をなし、聖堂の西側地区には大学の建物群が目だつ。旧市街を取り巻く近世の市壁は緑豊かな遊歩道にかわっている。市壁の西に接した司教領主の城館は、陸軍の司令部を経て大学本部に転用された。市は第二次世界大戦で被災したが、戦後もとの姿に復原して歴史的都市の姿をとどめている。しかし、旧市の外側ではアー川をせき止めて人工湖をつくり、大学の新しいキャンパスを北西側に新設するなどの変化もみられる。市の郊外にはボーンホルツ城など、ワッサーブルク(水に囲まれた城の意)が点在し、観光地となっている。[小林 博]

歴史

8世紀末この地に設立された修道院(804年司教座に昇格)を囲む集落に起源をもち、地名はその修道院(モナステリウム)に由来する。アー川の渡河地点に位置して商業・交通の中心となり、10世紀なかばには都市となった。13世紀後半には司教の都市支配から独立して自治権を得、同じころハンザ同盟にも加盟した。1447~57年にはギルド闘争が起こり、ギルド員の市政参加が実現した。宗教改革では、初めルター派が導入されたが、1534年ヤン・ファン・ライデン(オランダから来住)ら再洗礼派が市を占拠し、翌年司教軍により鎮圧、虐殺された。ヤンの遺体は金網のかご(現存)に入れられ、ランベルト教会の塔にさらしものにされた。三十年戦争に際して、1645年この町で戦争終結の予備会談が開かれ、ミュンスター条約が結ばれ、1648年これが各国の調印を経てウェストファリア条約となった。[瀬原義生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミュンスターの言及

【聖堂】より

…教会堂ともいう。聖堂のうち,司教座(カテドラcathedra)の置かれたものをとくに司教座聖堂または大聖堂と呼び,フランス語でカテドラルcathédrale,イタリア語でドゥオモduomo,ドイツ語でドームDomまたはミュンスターMünsterという。教会教会堂建築(2)日本で,孔子をまつった建物,すなわち孔子廟を聖堂(または聖廟)と呼ぶ。…

※「ミュンスター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ミュンスターの関連キーワードクライナー・ミュンスターレンダーJ.ヴィルヘルム ヒットルフウォルフガング クレメントアンナ・M. トレンハルトハンス ティートマイヤーミュンスター再洗礼派王国フランツ アルトハイムクラウス マインツァーローベルト ワーグナートラウトマンスドルフクリストフ ポッペンE. トゥルナイゼンH. シェルスキーハンス フライアーヨーゼフ ピーパーミュンスターの暴徒ワイヤーシュトラスミュンスター広場ユッタ リヒターコスモグラフィー

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミュンスターの関連情報