ミユビゲラ(英語表記)Picoides tridactylus; Eurasian three-toed woodpecker

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミユビゲラ
Picoides tridactylus; Eurasian three-toed woodpecker

キツツキ目キツツキ科。全長 22cm。雌雄異色。雄は背面の大部分が黒くて,眉斑,後頸,背中の中央部は白く,顎線や下面も白い。頭上は黄色い。雌は雄の頭上にある黄色い羽毛がない。普通キツツキ類の趾(あしゆび)は前向き 2本,後ろ向き 2本の合計 4本あるが,本種は名の示すように前向き 2本,後ろ向き 1本の合計 3本である。ヨーロッパからロシア東部,中国北部,カムチャツカ半島北海道までのユーラシア大陸の寒帯冷帯に分布する。北海道では留鳥として分布し,大雪山系や日高山系の針葉樹林に生息しているが,非常に少ない。環境省レッドデータブックでは絶滅危惧IA類にあげられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミユビゲラ
みゆびげら / 三趾啄木鳥
three-toed woodpecker
[学]Picoides tridactylus

鳥綱キツツキ目キツツキ科の鳥。ヨーロッパ、アジア、アメリカの寒帯性針葉樹林に広く分布する中形のキツツキで、全長約25センチメートル。羽毛は柔らかくて深く、全体に黒と白のまだらで、腹面は白く、雄は頭頂が黄色い。日本では1943年(昭和18)に北海道十勝(とかち)で初めて採集され、分布することが明らかになった。しかし、その後の観察例は少なく、個体数も少ないと思われ、生息状況は明らかではない。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android