コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミリ波通信 ミリはつうしん

3件 の用語解説(ミリ波通信の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミリ波通信【ミリはつうしん】

ミリ波搬送波とする通信方式。空気中の伝搬は吸収,散乱を受けるので無線通信では近距離に限られ,有線では導波管によって伝送する。多重通信に利用すればきわめて多数の通信路が得られるが,光通信の普及により衰退した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミリはつうしん【ミリ波通信 millimeter‐wave communication】

周波数30~300GHzミリメートル波を用いた通信。一般的には空間を用いる無線通信方式と導波管を用いるミリ波導波管伝送方式に区分される。前者については,酸素の吸収帯が55~65GHz帯に存在するほか,水蒸気圧や降雨の影響を著しく受けるので,その周波数帯を用いた地上無線は大気による電波の減衰が多く,近距離通信に限定される。1983年日本において,50GHz帯の簡易無線局が許可され,手軽に高速データ(約16メガビット/s)やアナログテレビジョン信号の伝送などに用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミリ波通信
みりはつうしん
millimetric wave communication

周波数範囲が30~300ギガヘルツ、すなわち波長が1~10ミリメートル電磁波を用いた通信をいう。ミリ波帯においては、大気分子による吸収損失、雨による吸収および散乱損失がきわめて大きいため、アンテナを用いた空間伝搬による通信はごく近距離に限られるが、伝搬媒体に導波管を用いることによって、中継間隔が15~40キロメートル程度の低損失伝送方式が実現可能である。また、ミリ波帯は周波数が高いので、毎秒数十ギガビット、音声換算数十万回線の伝送が可能である。しかし、導波管によるミリ波通信は敷設コストが高く、光ファイバー通信の実現により、伝送容量の点でも優位性を失ったため、現在では通常の通信には使用されていない。
 なお、波長がもうすこし長い周波数範囲(10~30ギガヘルツ)を用いた通信を準ミリ波通信とよび、アンテナを用いた空間伝搬方式が実用化されている。伝搬距離が最大で数キロメートルと制限があるため、現在では移動通信基地局と通信センター間や、都市のビル間での専用回線として普及している。[坪井 了・三木哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミリ波通信の関連キーワードサブミリメートル波短波超短波超長波長波ミリアメートル波ミリ波ミリメートル波デシミリメートル波

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミリ波通信の関連情報