コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通信路

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

通信路

チャネル」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つうしんろ【通信路 channel】

一般に情報を伝達する媒体をいう。実用上は有線媒体と無線媒体に分類される。有線媒体には,通常の電話の加入者線に利用されているぺア線(2本の絶縁線をより合わせたもの),搬送多重電話回線やCATVなどに用いられる同軸ケーブルガラスファイバーを情報伝達に利用した光ファイバーケーブルなどがある。無線媒体の代表は電波であるが,このほかに比較的短距離では,誘導電磁界,赤外線超音波なども利用される。 情報理論では,通信路は入力と出力の間の確率的モデルで記述される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通信路
つうしんろ
channel

情報が伝送される通路通信の分野では,一方向の通路を意味し,行き帰りの通路は回線と呼ばれる。さらに詳しく定義すれば,符号化器(→コーディング)と復号化器の間に存在する部分。すなわち,符号化された信号が変調され,実際の伝送媒体を通り,復調されるまでの間に存在する部分のことをさす。したがって,通信路は,ひずみ雑音の影響も考えて議論される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の通信路の言及

【海底地形】より

… 地形区province周囲の地域と著しい対照的特徴をもつ一群の類似した地形によって区別される地域。 チャンネルseachannelchannel―海底扇状地または深海平原にみられる連続的に傾斜する細長い凹みで,通常片側または両側を堤防によって境されている。 中軸谷median valleyriftrift valley―中央海嶺系の軸部の凹み。…

※「通信路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

通信路の関連キーワードシャノン(Claude Elwood Shannon)ハートレイの原理(通信工学)Flying XMODEMコンピュータ・ネットワークスペクトラム拡散通信方式インターネットVPN周波数分割多重通信ペイ・パー・ビューコネクションレスエージェント機能符号分割多元接続OSI参照モデル空間分割多元接続コネクション指向アクセスサイクルストリーム配信シャノンの定理逆コード化定理エンドポイント非対称型通信

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android