コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミース・ファン・デル・ローエ Ludwig Mies van der Rohe

1件 の用語解説(ミース・ファン・デル・ローエの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミース・ファン・デル・ローエ【Ludwig Mies van der Rohe】

1886‐1969
ドイツに生まれ,後半アメリカで活躍した建築家。アーヘンの石工親方の子。ベルリンで,家具デザイナーパウルB.Paulのもとで,ついで1908‐11年AEGデザイン顧問(1907以降)として活躍しはじめたP.ベーレンス事務所で働く。12年,オランダの富豪クレーラー・ミュラーの邸宅設計を機に自立したものの,第1次大戦のため軍務に服する。戦後ベルリンの前衛芸術家集団〈11月グループ〉に参加し,建築部長を務める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のミース・ファン・デル・ローエの言及

【近代建築】より

機能主義建築
[国際様式]
 1920年代に入ると,20世紀初頭に見られた建築の動きはヨーロッパ全体に影響を与える運動となってゆく。1919年に設立されたバウハウスは,ナチスの迫害を受けながらも,総合的な造形教育システムを打ち立て,校長を務めたグロピウスやミース・ファン・デル・ローエらの建築理念に基づき新しいデザインを推進した。特に後者の〈ガラスの摩天楼Glass Skyscraper〉案(1921)は,彼が後に発展させることになるカーテンウォールの高層ビルの原型を示すものであった。…

【バウハウス】より

…この時代にヒルバーザイマーL.Hilberseimer,ペーターハンスW.Peterhansが教授陣に加わって都市計画と写真の専門クラスができる。しかしマイヤーの政治的思想は,バウハウスの敵対者の攻撃の火に油を注ぐ結果になり,30年彼は退任を余儀なくされ,L.ミース・ファン・デル・ローエが後任の校長になる。この間,26年には雑誌《バウハウス》が創刊され,25‐30年には《バウハウス叢書Bauhausbücher》(14冊)が刊行された。…

※「ミース・ファン・デル・ローエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミース・ファン・デル・ローエの関連キーワードギーゼキングドイツ体操西ドイツピエルネ東ドイツドイツ鯉尹伊桑統一ドイツドイツ放送連盟ドイ語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミース・ファン・デル・ローエの関連情報