アーヘン(英語表記)Aachen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーヘン
Aachen

オランダ語ではアーケン Aken,フランス語ではエクスラシャペル Aix-la-Chapelle。ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の歴史的都市。ケルンの西約 70km,オランダベルギーとの国境近くにある。アルデンヌ高原の北斜面に位置し,古くから高温の温泉が湧くことで知られた。市の創設は 765年頃ピピン3世によるとされるが,カルル大帝が壮大な宮殿を建ててから (777~786) ,神聖ローマ帝国第2の都市に発達,政治,文化の中心地となった。以後 936~1531年の間しばしば皇帝の戴冠式が行われ,帝国国会が開かれるなど政治の中心地であったが,その位置が国境近くにかたよっていたため,62年のマクシミリアン2世の戴冠式の場がフランクフルトに移されたのを契機として次第に衰えた。しかしその後も 1668年フランドル戦争 (遺産帰属戦争) ,1748年オーストリア継承戦争の各平和条約が締結されるなど,しばしば国際会議の場となっている。工科大学 (1870) を含めて,教育機関も多い。現在は鉄鋼業のほか,電気機器,繊維,ガラス,針,印刷,ゴムなど各種の工業が盛んで,炭鉱地域の商業中心地でもある。第2次世界大戦で歴史的建造物が多く破壊されたが,いまだに市内にはゴシック様式の市庁舎 (1333~76) ,大聖堂の八角堂 (796頃) や宝物類,市門 (1320) などみるべきものが多い。人口 25万8380(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アーヘン(Aachen)

ドイツ西部、ノルトライン‐ウェストファーレン州の都市。ベルギー、オランダとの国境近くに位置する。ローマ時代から温泉地として知られ、8世紀末にフランク王国カール大帝王宮を置いた。9世紀後半にノルマン人により破壊されたが再建され、10世紀から16世紀まで、神聖ローマ帝国皇帝の戴冠式が行われた。古くから交通の要地として発展し、機械、織物などの工業が盛ん。旧市街に世界遺産(文化遺産)に登録されたアーヘン大聖堂がある。フランス語名はエクス‐ラ‐シャペル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アーヘン

ドイツ,ノルトライン・ウェストファーレン州西部の中心都市。フランス名はエクス・ラ・シャペル。15世紀からの織物・金属加工業のほかに,車両・機械工業などが行われる。工科大学(1870年創立)がある。古代ローマ時代から豊富な温泉で知られ,カール大帝のフランク王国の都で,936年―1531年神聖ローマ皇帝戴冠の地であり,カロリング・ルネサンスの中心地。アーヘン大聖堂にカール大帝創建当時の遺構がある。26万500人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アーヘン【Aachen】

ドイツ西部,ノルトライン・ウェストファーレン州の古都。人口24万7000(1995)。フランス語ではエクス・ラ・シャペルAix‐la‐Chapelle。工科大学で知られる文教都市,カトリック司教座を含む宗教的中心であるとともに温泉保養地としても著名。主産業は繊維と縫針製造で,それぞれ中世以来の伝統をもつ。温泉については,ローマ期以前から知られており,その後ローマ駐留軍の保養地兼軍事的拠点となって集落が発達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アーヘン【Aachen】

ドイツ西部、オランダ・ベルギーとの国境近くの都市。硫黄泉が湧出し、保養地としても有名。北部ヨーロッパ最古のアーヘン大聖堂がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーヘン
あーへん
Aachen

ドイツ西部、ノルトライン・ウェストファーレン州の都市。同州の西縁、ベルギー、オランダとの国境近く、同名の盆地内に位置する。フランス語名エクス・ラ・シャペルAix la Chapelle。人口24万4400(2000)。ケルンに至る古代のローマ道路に沿って立地した歴史的な都市。現在もケルンからベルギー、フランスに通じる国際鉄道や、アウトバーンE5が通る国境の交通要地である。織物、針、機械、電気機器、ガラスなどの工業が行われ、工科大学を主とする大学がある。また11の温泉(泉温72℃)があり、古来温泉地としても知られる。市の中央部をなす旧市城は円形で、12世紀末および14世紀の囲壁跡が二重の環状道路となり、町の中心部は有名なドームや市庁舎、市場、広場で構成され、南に泉と公園が接する。内環道路の外側に中心商店街アダルベルト通りや市立劇場(1825)がある。14世紀の囲壁の名残(なごり)としてポント門(1320)が残され、旧市城の北東側に広大な温泉公園がある。[小林 博]

歴史

かつては神聖ローマ帝国の帝国都市であった。1世紀以降ローマ人により温泉保養地として利用されていたが、794~795年カール大帝がこの地に王宮を建設し、死後はその宮廷礼拝堂に葬られた。881年ノルマン人による破壊を受けたのち、936年オットー1世が即位して以降、1531年のフェルディナント1世に至るまで、歴代ドイツ国王はこの地で即位する慣例となった。1166年フリードリヒ1世から都市法や種々の特権が賦与され、自由都市としての基礎が固まった。1348年以降、都市貴族の寡頭支配に対しツンフト(同職ギルド)闘争が勃発(ぼっぱつ)、1450年の特許状により、手工業者の市政参加が認められた。宗教改革期には都市参事会内部で新旧両教派の紛争が生じ、そのため二度まで皇帝による破門を招いたが、結局、紛争は旧教派の勝利に終わった。1814~1815年のウィーン会議によりプロイセン領に編入されてライン州に所属し、1946年以降はノルトライン・ウェストファーレン州の所属となった。[平城照介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアーヘンの言及

【ドイツ美術】より

…しかしながら古代文化とキリスト教とを両輪としたカール大帝時代の文化政策は,バイキングやイスラムの侵攻を受けることの少なかったドイツの地にもっとも多く受け継がれ,その後のドイツ文化形成の大きな基礎となった。 カール大帝がアーヘンの地に建立させた集中式プラン(八角形)の宮廷礼拝堂(805献堂)は,ラベンナのサン・ビターレ教会を手本として,フランク人メッツのオドOdo von Metzによって造営されたものである。ゲルマンの文化はこのころすでにモニュメンタルな石造建造物を独自の力で造営できる技術段階に達していたことが知られる。…

※「アーヘン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アーヘンの関連情報