コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミールヌイ基地 ミールヌイキチ

4件 の用語解説(ミールヌイ基地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ミールヌイ‐きち【ミールヌイ基地】

Mirny Station》南極大陸にあるロシアの観測基地。インド洋側のデービス海に面する。ロシア語で「平和」を意味し、1956年に開設。気象、雪氷、地球物理の観測を行い、内陸のボストーク基地への物資補給の拠点になっている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ミールヌイ基地【ミールヌイきち】

南極大陸,クイーンメリーランドの海岸にある旧ソ連の南極観測基地Mirnyj。南緯66°35′,東経93°01′。1956年1月,国際地球観測年のために建設され,以後旧ソ連諸基地のベース基地として多くの観測隊員が常駐していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミールヌイ基地
ミールヌイきち
Mirnyi nauchnyi stantsiya

南極大陸インド洋側のクイーンメリー海岸にあるロシアの主要観測基地。1956年ソビエト連邦隊によって建設。南緯66°33′,東経93°01′に位置し,40以上の建物と,いくつかの飛行機をもった大きな基地。基地名は 1819~21年に南極海周辺を周航したロシアの帆船の名にちなむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミールヌイ基地
みーるぬいきち
Станция Мирный Stantsiya (Station) Mirny 

南極大陸の南緯66度33分、東経93度1分の海岸にあるロシアの観測基地。名称はベリンスガウゼン(ベリングスハウゼン)探検隊の船名で、「平和」の意。1956年1月14日に開設。超高層物理、気象、地震、雪氷、人体生理などの観測を行っている。越冬人員は69人(1985)。1400キロメートル内陸にあるウォストーク基地への補給基地でもある。当初の建物は、長年の積雪のため一部は数メートルの雪面下にあり、近年2階建てのものが建てられている。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミールヌイ基地の関連キーワードステーションコールガソリンスタンドガソリンスタンドみんしる上原りさ子中川キッコ諸永彰子中村由紀北村浩子北川珠望

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone