コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミールヌイ

百科事典マイペディアの解説

ミールヌイ

ロシア,東部シベリア,ビリュイ川流域サハ共和国南西部の新興都市。1955年―1957年ダイヤモンド鉱床の発見に伴い,その採掘と選鉱の中心として発展。3万8800人(1989)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミールヌイ【Mirnyi】

ロシア連邦東部,サハ(ヤクート)共和国の西部にある新興工業都市。人口3万9400(1992)。自動車道によりレナ川の河川航路に通じ,空港もある。市の歴史は1955年の工業用のダイヤモンド鉱採掘にはじまる。大規模な露天掘りで,市の内外に廃石の山ができている。永久凍土帯にあって表土層が薄いので,建造物は内部の熱が地表に伝わらないよう高床式で,床下に空間がつくられている。【山本 敏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミールヌイ
みーるぬい
Мирный Mirny

ロシア連邦東部、サハ共和国の都市。レナ川支流ビリュイ川水系に属するイレリャフ川の岸沿いに位置する。人口3万3500(2003推計)。1955年にダイヤモンド採掘のため建設され、59年に市となった。南方のレナ川の港レンスクと自動車道で連絡している(230キロメートル)。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミールヌイの言及

【シベリア】より

…ノリリスクでニッケルと銅,チタ州と沿海州地方でスズと複合金属(銀,亜鉛,鉛)の採取,製錬が行われている。ヤクーチアのミールヌイでは工業用ダイヤモンドが露天掘りで採取される。ヤクーチアではまた,アルダンAldanをはじめとして金の採取が盛んである。…

※「ミールヌイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ミールヌイの関連キーワードセリーナ ウィリアムズクイーンメリー海岸エリブルス[山]国際地球観測年ドリガルスキ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android