コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムコイド mucoid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムコイド
mucoid

糖類が蛋白質,ペプチドなどと共有結合で結びついている物質をさしていうが,粘性をもつ物質であるため,類粘液質ともいう。ムコ多糖類似物質というところからの呼び名で,多糖類に重点があり,蛋白質が主体であって多糖類が従である場合にはムコ蛋白質という名が用いられる。胃,腸の粘膜,気管の上皮細胞表面や嗅粘膜の表層に分泌されるものなどがよく知られているが,血清中,唾液中などにも含まれていて,粘稠度を高めている。特徴的成分としてヘキソサミン,その硫酸誘導体,ヘキソン酸を含むが,明確に定義された群ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムコイド
むこいど
mucoid

動物の血液や粘性分泌物中に含まれるタンパク質成分と共有結合した粘性物質で、ヘキソース由来のアミノ糖であるヘキソサミンを40%以上含むものをさすが、分子構造が明らかにされてきた現在では、このような見かけの組成に基づく用語はほとんど使われない。すなわち、化学的性状に基づく定義が確定している糖タンパク質、あるいはムコ多糖(グリコサミノグリカン)のいずれかに分類されている。[村松 喬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ムコイドの関連キーワード鶏卵

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android