コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムチモ

海藻海草標本図鑑の解説

ムチモ

からだは直径数mmの細長い円柱〜扁圧した円柱状。叉状に数回分枝し,先端部は細く,毛が束になったような頂毛を持つ。この頂毛の細胞に生長点があり,頂 毛生長を行う。頂毛は若い藻体では目立つが,老成すると脱落してしまう。海岸に打ち上げられた藻体では,この頂毛は脱落し全く認められないこともしばしば ある。成熟した藻体にはやや黒ずんだ小さな半球状の毛羽立った瘤状突起(配偶子嚢群)が体表面に散在している。付着器は小さな盤状。横断切片を見ると,皮 層には小形の色素体を持つ細胞があり,髄層には大きな無色の細胞が並び,中央部には糸状細胞が存在する。手触りは質感があり軟骨質。生体は黄褐色〜濃褐 色。押し葉標本は台紙に付きにくく,サラシにしみができる。属名CutleriaはイギリスのシドマスSidmouth に住んだ Cutler 女史の名に因む。種小名cylindricaは「円柱状の」の意味。和名は「鞭」みたいな「藻」(海藻)から。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムチモ
むちも / 鞭藻
[学]Cutleria cylindrica Okamura

褐藻植物、ムチモ科の海藻。淡褐色で、叉(さ)状分岐を繰り返す細い鞭(むち)状の体枝からなる分枝体。体高10~30センチメートル、太さ2~4ミリメートル程度の体枝をもつものが多い。老成体は体枝が太くなり、周囲を小疣(しょうゆう)(小さいいぼ)状隆起に取り巻かれ、色も暗褐色に変化する。深さ5~20メートルの外海底に生育する多年生海藻で、温海性。日本での分布は太平洋中南部から内海、九州北西岸と広いが、産量は少ない。[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ムチモの関連キーワードムチモ(鞭藻)褐藻植物世代交代生活環胞子褐藻鞭藻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android