ムラサキイガイ(読み)むらさきいがい(英語表記)blue mussel

日本大百科全書(ニッポニカ)「ムラサキイガイ」の解説

ムラサキイガイ
むらさきいがい / 紫貽貝
blue mussel
common mussel
[学] Mytilus edulis

軟体動物門二枚貝綱イガイ科の二枚貝。ヨーロッパ原産であるが、世界各地に広がり、日本には1926年(大正15)ごろからみられ、35年(昭和10)に神戸港産が報告された。現在では全国の内湾の潮間帯の岩礁や養殖筏(いかだ)などに付着する。とくに火力発電所などの取水口をふさぐため、養殖場や海浜工業には害敵である。長90ミリ、殻高50ミリ、殻幅35ミリに達し、長卵形で前方の殻頂のほうへ細くなる。イガイに似ているが、殻は薄質で、殻表は黒色、腹側は褐色を帯び、光沢がある。腹側の狭いすきまから足糸が出る。内面青白色。肉は食用とされ、フランス料理ではムールガイ(ほかにチレニアイガイM. galloprovincialisをもムールガイという)の名でよばれる。ヨーロッパでは養殖もされている。

[奥谷喬司]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ムラサキイガイ」の解説

ムラサキイガイ
Mytilus edulis; blue mussel; common mussel

軟体動物門二枚貝綱イガイ科。殻長 9cm,殻高 5cm,殻幅 3.5cm。殻はやや薄質,長卵形で殻頂のほうへ細まる。殻表は黒青色,腹側は褐色を帯びる。内面は青白色。腹縁の狭いすきまから足糸を出して地物に付着する。ヨーロッパ原産であるが,世界各地に広がり,日本では 1926年に兵庫県明石市二見で発見されたのが最初である。産卵期は 12月~4月で,1回に約 1200万粒の卵を産む。1年で成熟し,2年で 9cmほどになる。商品名をムールガイといい,特にフランスやスペインなど南ヨーロッパで食用に供され,賞味されている。 (→二枚貝類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android