コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタミクト(英語表記)metamict

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メタミクト
metamict

ウラン,トリウムなどの放射性元素を多く含む鉱物は,放射能によってその結晶格子が破壊されて,X線に対しても可視光線に対してもガラスのような非晶質とみなされる状態になる場合がある。この状態をメタミクト状態といい,このような作用をメタミクト化作用という。メタミクト化した鉱物は内部からの放射能で結晶格子が乱されたものなので,通常外形はもとの結晶の形を保っている。またメタミクト化した鉱物を熱すると再結晶するが,必ずしももとの結晶に戻るとはいえない。このような鉱物はジルコン,ニオブ酸塩,タンタル酸塩鉱物などに多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

メタミクト

最初は,もとの結晶質物質の二次的な分子配列の影響によって形成された非晶質鉱物に用いたが,現在では放射線によって結晶格子が損傷を受けた放射性鉱物にも用いる[Brögger : 1893, Loewinson-Lessing & Struve : 1937].ジルコンなどの鉱物に見られるが,メタミクト状態のジルコンは加熱によってもとの構造を回復する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android