コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メディチ家礼拝堂 メディチけれいはいどう Cappella Medicea

3件 の用語解説(メディチ家礼拝堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メディチ家礼拝堂
メディチけれいはいどう
Cappella Medicea

1520~34年イタリアフィレンツェに教皇レオ10世枢機卿ジュリオ・デ・メディチの依頼でミケランジェロが制作したサン・ロレンツォ聖堂付属礼拝堂。新聖器室とも呼ばれるメディチ家の墓碑で有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メディチけ‐れいはいどう〔‐レイハイダウ〕【メディチ家礼拝堂】

Cappelle Medicee》イタリア中部、トスカーナ州の都市フィレンツェにある礼拝堂。サンロレンツォ教会の裏側に併設する。16世紀にメディチ家の墓所としてミケランジェロが設計した新聖具室には、ロレンツォ2世とジュリアーノの墓、および「曙」「黄昏」「昼」「夜」と題されたミケランジェロによる彫刻がある。17世紀に貴石と大理石で装飾した「君主の礼拝堂」が建造された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

メディチけれいはいどう【メディチ家礼拝堂】

イタリア北部の都市フィレンツェ(Firenze、〈英〉Florence)にある、メディチ家ゆかりのサンロレンツォ教会の裏手にある礼拝堂。ルネサンス期のフィレンツェの実質的な支配者で、フィレンツェのルネサンス文化のパトロンで、のちにトスカーナ大公国の君主となったメディチ家の歴代当主の墓所である。ジョヴァンニ・デ・メディチがデザインし、ニジェッティによって建てられた「君主の礼拝堂」の1階には、コジモ1世とトスカーナ大公国の歴代君主の石棺がブロンズ像で飾られて並び、2階にはバロック様式の大理石の彫刻や宝石で装飾された君主の礼拝堂がある。通廊の先には、ミケランジェロの設計による新廟(新聖具室)がある。ここには小さな礼拝堂があり、ウルビーノ公ロレンツォ・デ・メディチの墓碑や、ミケランジェロ作の「曙」「黄昏」「昼」「夜」の4つの彫刻がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メディチ家礼拝堂の関連キーワードストロッツィ宮殿フィエーゾレベルベデーレ要塞ミケランジェロ広場フィレンツェ歌劇場管弦楽団フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団フィレンツェの思い出フィレンツェマラソンフィレンツェ五月音楽祭フィレンツェ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone