コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メディチ家礼拝堂 メディチけれいはいどうCappella Medicea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メディチ家礼拝堂
メディチけれいはいどう
Cappella Medicea

イタリアのフィレンツェにあるサン・ロレンツォ聖堂付属礼拝堂。1520~34年,教皇レオ10世と枢機卿ジュリオ・デ・メディチ(→クレメンス7世)の依頼でミケランジェロが制作した。新聖器室とも呼ばれる。ウルビノ公ロレンツォ(→ロレンツォ・ディ・ピエロ・デ・メディチ),ヌムール公ジュリアーノ(→ジュリアーノ・デ・メディチ)の墓碑で有名。室内はフィリッポ・ブルネレスキ設計による旧聖器室の形を踏襲,3層からなる。正面の祭壇に巨大な聖母子像を安置,その左右の壁面に 2人の公国君主の墓碑を配する。二つの墓碑はそれぞれ 3体の寓意像からなり,一方には『夜明け』の女性像と『夕暮れ』の男性像の上に『考える人』と呼ばれるロレンツォ像,もう一方には『昼』の男性像と『夜』の女性像の上に『行動の人』と呼ばれるジュリアーノ像がピラミッド状に配されている。(→メディチ家

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

メディチけ‐れいはいどう〔‐レイハイダウ〕【メディチ家礼拝堂】

Cappelle Medicee》イタリア中部、トスカーナ州の都市フィレンツェにある礼拝堂。サンロレンツォ教会の裏側に併設する。16世紀にメディチ家の墓所としてミケランジェロが設計した新聖具室には、ロレンツォ2世とジュリアーノの墓、および「曙」「黄昏」「昼」「夜」と題されたミケランジェロによる彫刻がある。17世紀に貴石と大理石で装飾した「君主の礼拝堂」が建造された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

メディチけれいはいどう【メディチ家礼拝堂】

イタリア北部の都市フィレンツェ(Firenze、〈英〉Florence)にある、メディチ家ゆかりのサンロレンツォ教会の裏手にある礼拝堂。ルネサンス期のフィレンツェの実質的な支配者で、フィレンツェのルネサンス文化のパトロンで、のちにトスカーナ大公国の君主となったメディチ家の歴代当主の墓所である。ジョヴァンニ・デ・メディチがデザインし、ニジェッティによって建てられた「君主の礼拝堂」の1階には、コジモ1世とトスカーナ大公国の歴代君主の石棺がブロンズ像で飾られて並び、2階にはバロック様式の大理石の彫刻や宝石で装飾された君主の礼拝堂がある。通廊の先には、ミケランジェロの設計による新廟(新聖具室)がある。ここには小さな礼拝堂があり、ウルビーノ公ロレンツォ・デ・メディチの墓碑や、ミケランジェロ作の「曙」「黄昏」「昼」「夜」の4つの彫刻がある。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

メディチ家礼拝堂の関連キーワードサン・ロレンツォ聖堂[フィレンツェ]ベルベデーレのトルソイタリア美術コジモ2世ポントルモ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android