メドゥーサ

百科事典マイペディア「メドゥーサ」の解説

メドゥーサ

ギリシア伝説の女怪ゴルゴンたちの一人。髪が,見るものを石にする目を持つ。ポセイドンに愛されたという。ペルセウスアテナに導かれてメドゥーサの首を切り落としたところ,天馬ペガソスが生まれ,首はアテナの盾アイギスを飾った。メドゥーサの図像は古くから護符として用いられたほか,美術作品も多数。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「メドゥーサ」の解説

メドゥーサ

(Medūsa 女王)⸨メデューサ・メジューサ⸩ ギリシア神話中の怪物。ゴルゴン三姉妹の一人。頭髪は蛇で、その目を見たものは石に化したという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のメドゥーサの言及

【ゴルゴン】より

…ギリシア神話の女怪。複数形はゴルゴネスといい,海の神フォルキュスPhorkysの娘ステンノSthennō(強い女),エウリュアレEuryalē(広く跳ぶ女),メドゥーサMedousa(統治する女)の3姉妹を総称する。このうち前2者には特別の神話がないため,ゴルゴンといえばただちにメドゥーサを指すことが多い。…

【ペルセウス】より

…その後,ダナエに恋したポリュデクテスは成人したペルセウスを亡きものにしようと考え,見る者を石に化す女怪ゴルゴンの首を取ってくるようにと彼に命じた。しかし彼はヘルメスとアテナの2神に導かれて,まずゴルゴン三姉妹の姉で,3人で1眼1歯を共有するグライアイのところへ行き,その眼を奪ってゴルゴンの居場所を聞き出すとともに,空を飛ぶサンダル,姿の見えなくなる帽子などを入手,ついで空を飛んではるかな西方のゴルゴンのすみかに赴き,三姉妹のうちただひとり不死身ではなかったメドゥーサの首を,青銅の盾に映る姿を見ながら,切り取った。帰途,海の怪物の餌食にされようとしていたエチオピア王女アンドロメダを救って妻としてから,セリフォス島に戻り,メドゥーサの首を見せてポリュデクテスを石にした。…

※「メドゥーサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android