コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メロダク=バラダン2世 メロダク=バラダンにせいMerodach-Baladan II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メロダク=バラダン2世
メロダク=バラダンにせい
Merodach-Baladan II

[生]?
[没]前694頃.南エラム
バビロンの王 (在位前 721~711,前 703~702) 。バビロニア名マルドゥク=アパル=イッディナ。カルデア人の部族ビート・ヤキンの支配者であったが,前 722年サルゴン2世の即位に伴うアッシリアの混乱に乗じてバビロンを奪取。2年後エラム人がアッシリア軍に打撃を与えたため,10年間にわたってアッシリアの攻撃を免れた。前 710年サルゴン2世の反撃によってバビロンを奪われ,翌年彼の本拠ドゥルヤキンも失ったが,前 705年サルゴンが没すると,ユダヤ王国のヒゼキア王などと反アッシリア同盟を結び,前 703年バビロンの王位に復帰。しかしアッシリア王センナケリブの反撃にあって戦いに敗北。前 700年再帰をはかったが,センナケリブに追われ,前 694年頃南エラムに逃れてそこで没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メロダク=バラダン2世の関連キーワードエサルハッドン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android