コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メーロ メーロMelo, Francisco Manuel de

2件 の用語解説(メーロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メーロ
メーロ
Melo, Francisco Manuel de

[生]1608.11.23. リスボン
[没]1666.10.13. リスボン
ポルトガルの作家。名門の出で,若くして宮廷生活に入る。イエズス会の聖アンタウン学院で人文学と哲学を学び,のちスペイン軍に入隊。マドリードの宮廷でスペインの著名な作家たちと親交を結んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

メーロ
メーロ
Melo

ウルグアイ北東部,セロラルゴ県の県都。首都モンテビデオの北東約 330km,グランデ丘陵の南東麓にあり,タクアリ川支流ロスコンベントス川にのぞむ。密輸やブラジル方面からのポルトガル人の侵入を取締るための軍事拠点として,1795年スペイン人によって建設された古い町で,植民地時代の面影をとどめているが,市街は大部分近代化されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メーロの関連キーワード宇都宮国綱宣祖宣祖国連東ティモール統合派遣団UNMIT藤堂高虎(1556~1630)唐津城リヒテンシュタイン家鹿沼ぶっつけ秋祭り有松

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メーロの関連情報