コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モエンド

百科事典マイペディアの解説

モエンド

ペルー南部,太平洋岸の港湾都市アレキパからチチカカ湖へ通じる鉄道の起点。1871年に港ができ,織物製粉製靴,家具などの工業が行われる。付近は海岸が美しく,観光・保養地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モエンド【Mollendo】

ペルーの南部,アレキパ県の太平洋岸の港湾都市。モイエンドとも呼ぶ。人口2万1600(1981)。ペルー第2の都市アレキパの外港で,80kmの鉄道で結ばれている。1871年に建設された港で,ペルー南部とボリビアの貨物の集散地であった。1941年,北西14kmの地に新港マタラニ港が開かれてから,その機能を減退させた。付近は米,サトウキビ,綿花などを栽培する灌漑地であり,織物,製粉,製靴,家具などの工業がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モエンドの関連キーワードチチカカ[湖]チチカカ湖モイェンド

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android