コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モカシン モカシンmoccasin

翻訳|moccasin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モカシン
moccasin

最も原初的な閉塞型の一種。元来北アメリカインディアンが柔らかなシカ皮を用いてつくったはきものに由来する。原型は1枚の皮革を足底から甲にかけてふろしき状に包んだのち,直接縁辺革紐を通して足首にゆわえつけたもの。この靴型はやがて甲部を切断してその部分にU字形の革を縫合し,さらには底革も別にしつらえた型へと発展したが,今日ではそれらをも含めてモカシンと呼んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モカシン(moccasin)

甲部にU字型の切り替えがある柔らかい革靴、また室内履き。北アメリカのインディアンが履いていた、全体を一枚革で作ったかかとのない靴を模したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

モカシン

本来は北米の先住民がはいていた表と底が1枚の皮でできている靴。またこれにヒントを得た,甲の部分がU字形に縫い合わされたヒールのない靴もモカシンといい,スポーツ・シューズや室内ばきなどに用いられる。
→関連項目セリーヌローファーワラビー(靴)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

モカシン【moccasin】

一枚の革で底から側面・爪先つまさきを包み、甲部分に U 字型の革をあてて革紐でつないだ靴。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のモカシンの言及

【靴】より

…しかし履物は残存しにくく,気候風土に従って地域的にも異なる種類のものが見られるから,サンダルから靴が派生したとは断定できない。靴はギリシア・ローマ時代になると,1枚の生皮で足を包みこむモカシンが広く用いられている。モカシンmoccasinは,アメリカ・インディアンの一部族アルゴンキン族の土語に由来する。…

※「モカシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モカシンの関連キーワードホープウェル文化ワラビー(靴)クロー族サンダルワラビー履き物履物

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モカシンの関連情報