コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モシェシュ2世 モシェシュにせいMoshoeshoe II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モシェシュ2世
モシェシュにせい
Moshoeshoe II

[生]1938.5.2. バストランド,タバング
[没]1996.1.15. レソト,マロティ山中
レソトの初代国王(在位 1966~90,1995~96)。君主制の確立に苦闘し,2度亡命,1度は退位を強いられた。本名 Constantine Bereng Seeiso。マセルのロマ大学で学び,その後イギリスのアンプルフォース・カレッジとオックスフォード大学コープス・クリスティ・カレッジに留学。バストランドにソト王国を建国したモシェシュ1世の子孫で,1960年に家督を継いでバストランドの最高首長となる。1966年にバストランドの独立に伴い,祖先の名を継ぎ,モシェシュ2世として初代国王となった。憲法上はかぎられていた国王の権能の拡大を試みたことから,同 1966年12月にバソト国民党を率いるレアブア・ジョナサン首相により自宅軟禁に置かれ,1ヵ月後に憲法を尊重することに合意。これにより事実上,首相が行政権を握ることになった。1970年の議会選挙で野党のバソト会議党が勝利すると,ジョナサンは国家非常事態を宣言,モシェシュ2世は再び軟禁され,4~12月オランダへの亡命を余儀なくされた。1990年にはイギリスに亡命。亡命中に民主選挙の実施を画策したことから,1990年に退位させられ,長男の皇太子がレツィエ3世として即位。しかし国民の間では依然として人気が高く,1991年にイライアス・ラマエマ少将が政権を掌握すると復位が計画された。レツィエ3世と南アフリカ共和国のネルソン・マンデラの支援を得て,1995年1月25日に復位した。1996年に自動車事故で死亡,レツィエ3世があとを継いだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モシェシュ2世の関連キーワードマキノ雅広久松静児バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎珪藻土ホロコーストカルネ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android